2009年9月

ツタウルシの紅葉

2009年9月29日 15:12
2009.9.28 004-2.jpg
    
秋の気配を感じ始めると白樺やカラマツにからまってひときわ目立って真っ赤に燃える紅葉がツタウルシだ。
暗いから松林の中を鮮やかにし、白樺の白さをひときわ引き立てて秋の到来を告げている。




20090928_07410IMG_3365-2.JPG

カテゴリ:


窓辺にシジュウカラも帰ってきた

2009年9月25日 12:38
20090924_07410IMG_3348-1.JPG
夏の間中どこかに姿を消していたゴジュウカラも秋の深まりと共に山荘の窓辺のバードレストランに戻ってきた。

今年生まれた幼鳥であろうか、真っ白な腹部と灰緑色の背中きりりとした黒いアイラインついつい見とれてしまう美しさである。





20090924_07410IMG_3346-2.JPG

カテゴリ:


白樺林も色づいて

2009年9月25日 12:16
20090925_07410IMG_3352-1.JPG

真っ白な白樺の肌、緑濃い笹にくれないに色づいてきたハゼやヤマザクラの紅葉はひときわ目に鮮やかに映る。
白樺の黄葉はいま少し、来月中旬頃にはサラサドウダンツツジやレンゲツツジなども加わり高原の秋は最盛期を迎える


白樺の足元を締めるハゼ



20090925_07410IMG_3353-1.JPG初秋を彩るヤマザクラ

カテゴリ:


大分色付いてきた白駒の池

2009年9月25日 11:43
20090924_07410IMG_3337-1.JPG
24日の白駒の池
紅葉のさかりは来週半ば過ぎごろとなりそうですが、静かな湖畔を望まれるのなら今がよい時期でしょう。
訪れる人も少なく、まだ下に降りない小鳥の鳴声があなたの旅情をかきたてます。






カテゴリ:


高山の幼鳥たちは今が見やすい

2009年9月17日 17:39
20090917_07410IMG_3327-1.JPG
 夏の間、山々を賑わしくさえずってくれた小鳥たちも次々に暖かい地方に旅立ち、今は、ルリビタキやメボソムシクイ、エゾビタキが秋深くなるまでさえずりを聞かせてくれる。
 おとづれる人の少なくなったこのごろよく晴れた空に吸い込まれそうにさえずるその声は行く夏を惜しむかのように一抹の寂しさを感じさせる。
 親がさえずっている間、幼鳥たちは、茂みの中で餌をついばみ旅立ちのときを待っている。

カテゴリ:


朝日に輝く白駒の池

2009年9月17日 17:22
20090917_07410IMG_3320-1.JPG
 連日の冷え込みに一段と秋色を濃くしてきた白駒の池
朝日を享けて湖面に彩りを添える
 これから日一日と赤みを増して、10月初旬には湖畔を真っ赤に染める

カテゴリ:


今年の紅葉はちょっと早まりそう

2009年9月13日 16:52
2009.9.11 002-1.jpg
ここの所、連日の冷え込み(10日の最低気温3度C)と冷雨でツツジやシラカバの色付きが一気に始まりました。
盛りは、だいぶ早くなりそうです。

カテゴリ:


紺碧の空を飛翔するハチクマ

2009年9月13日 16:27
20090910_07410IMG_3306-1.JPG20090910_07410IMG_3306-1.JPG
   くっきりとはれ上がった紺碧の空にハチクマなどのワシタカがゲレンデの上空を旋回する。
ここは一番最初に集合する場所なのか、晴れた日の10時ごろになるとどこからともなく2羽、3羽と集まり、北東の空に向かって飛び去る。
この方向は、ワシタカの集まるといわれている蓼科牧場の方角だ。



20090910_07410IMG_3312-1.JPG




カテゴリ:


八岳の滝に架かる虹

2009年9月10日 17:01
2009.9.10 007-1.jpg

 八岳の滝は、三方を山に囲まれ狭い渓谷に約30メートルほどの落差を見せる滝だ。
 春の新緑、夏はコケが美しく、秋の紅葉、そして圧巻は厳冬期の全滝氷柱となり、四季折々に違った姿を見せる。
 春から秋にかけて、一日のうち僅かな時間だけ日が射す、その限られたときに
現われるきれいな虹が人々の心をとらえ、撮影意欲を描きたてられる。

カテゴリ:


キノコの季節になりました

2009年9月 7日 12:20

20090905_07410IMG_3284.JPG
                      顔を出したばかりの リコボウ
                 

雨の多い日が続きキノコの出具合が心配されましたが、久しぶりに晴れ上がった陽射しに誘われるように、出始めてきました。
例年ですと最初に一回出てから1週間ほど出なくなり、それから本格的なシーズンとなるようです。 

 20090905_07410IMG_3286-1.JPG
                        自然のエノキダケ

カテゴリ:


目の前にカモシカが

2009年9月 7日 11:45
20090905_07410IMG_3290.JPG
 山荘前のスキーゲレンデの草原を散策していると、突然草むらの中から顔を出した大きな動物、そう、カモシカでした。
とっさにカメラに収めたのがこれ。
 相手もびっくり、飛び上がって一目散逃げ出し、カメラを向ける暇も無く森に逃げ込まれてしまいました。
 この時期、日中からゲレンデに出てくることはないのですが、今年は天候不順で草の生育が悪かったのでしょう多少の危険を冒してまででてきたものと思われます。

カテゴリ:


山は初秋の装い 早くも色づき始めました

2009年9月 4日 10:50
20090902_07410IMG_3259-1.JPG














白駒の池の紅葉は、すばらしい
サラサドウダンツツジなどの紅の紅葉を、しずかな湖面に映し出す姿は何物にも変えがたい美しさです
これから、10月初めまで徐々に美しさを増していきます














 ヤマザクラの紅葉は一番早い、8月半ば、わくら葉から色づき麦草峠付近では8月下旬には、淡いくれないではあるが濃い緑の中で一際目立つ秋の到来を思わせてくれる存在です

カテゴリ:


コケの撮影は今が一番

2009年9月 4日 10:31
20090902_07410IMG_3254-1.JPG
コケの一番美しくなるのは、秋の長雨の後です。
今年は、夏から雨が多かったので一段とコケの生長が良い
森閑とした原生林の大木から僅かにもれてくる日の光に照らされるコケ、を見つめているとこの大自然を独り占めしている気分になる。

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る