2009年12月

猛吹雪の八千穂高原

2009年12月19日 17:33
2009.12.19 002.jpg
16日から突然おそってきた寒波は、近年にない猛烈さ、17日ー9℃、18日ー11℃、19日ー14℃と日ごとに厳しさを増し最高気温も今日(19日)はー8℃と1月中旬並みとなった。
でも、この気温もスキーヤーにとっては願ってもないミクロの雪をもたらします。
さすがにきょうは、挑戦するスキーヤーの姿は少なかったが、明日はこの雪を求めて大勢の人たちが押し寄せてくるでしょう。



2009.12.19 004.jpgゲレンデもまもなく全コースオープンする予定です。


写真 上 夕方のゲレンデ
    下 降り続ける吹雪と山荘

カテゴリ:


寒波襲来

2009年12月17日 17:16
2009.12.17 001.jpg

師走に入ってもさっぱり冬らしさを感じず、雪の頼りも来なかった今年、今週に入って急に寒波が襲来、ようやくゲレンデも新雪でいちめん真っ白になり、八千穂レイクに氷が張り始めてきた。
辺りは冬景色につつまれ黄葉を落としたカラマツ林は、白妙に衣替え、白樺林はその白い幹を真っ白な新雪にますます白く生え、冬の高原を彩っています。 
 



20091214_07410IMG_3785-1.JPG氷り始めた八千穂レイクと
真っ白なカラマツ林

カテゴリ:


今年の冬鳥の飛来は少ない?

2009年12月12日 17:57
20091209_07410IMG_3775-1.JPG
昨冬の小雪、芽吹き時の冷雨と降雪、夏場の長雨と冷夏、秋の長雨と春先からの異常気象のためでしょうか、冬鳥の飛来が少ないようです。
例年なら11月のはじめに姿を見せるツグミがほとんど見られず、ふもとの田畑や草原を回ってみても、カシラダカやミヤマホオジロの小さな群れに会うのみで、アトリやマヒワ、オオマシコ、などは見られません。
そんな中でようやく会えたのが写真のベニマシコです。
皆様の周辺では如何でしょうか?
情報をお知らせ願えれば幸いです。

カテゴリ:


今日の窓辺のバードレストランお客様

2009年12月12日 17:23
20091209_07410IMG_3772-1.JPG
山荘の窓辺にやってくる鳥たちは季節によって色々の種類にわたる。
初冬の今は、留鳥がおもですが、今日
は北の国から渡ってきたシメが、しばらくイカルと共に窓辺の餌台でヒマワリをついばんだり、地面に下りてあちこち飛び回り遊んでいきました。

今日のお客様
コガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ヒガラ、ヤマガラ、エナガ、アカゲラ、コガラ、カケス、ウソ、イカル、シメ、

カテゴリ:


八千穂高原スキー場オープンしました

2009年12月 5日 16:16
20091205_07410IMG_3756.JPG

いよいよスキーシーズンの到来
待ちに待ったスキーヤーたちが、大勢オープンとともに、リフトに乗り込み前日から降り続いた新雪の感触を楽しんでいました。
今年は、師走に入っても冷え込みが少なく、オープンが危ぶれましたが、標高1700mのロケーションを活かし、周辺スキー場に先がけ皆様の期待にこたえることが出来ました
滑走可能コースは第4コース1本ですが、真冬並みの乾燥粉雪で楽しい滑走を味わえます

20091205_07410IMG_3748.JPG











カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る