2010年10月

窓辺のバードレストランに現れたソウシチョウの群

2010年10月29日 13:50

 

20101027_07410IMG_5375.JPG20101027_07410IMG_5374-1.JPG

 

4~5日前から窓辺のバードレストラン脇の笹薮がなにやら騒がしかったが、今日は晩秋の陽射しに姿を見せたのは、なんと、一昨年の秋ツグミの群と共に一度だけ現われたソウシチョウあった。

今日は、7~8羽の群が交互に笹薮から現われては、マユミの実をついばみ笹薮に戻っていく。

その姿から、幼鳥のようだ。

いよいよここに定着するのだろうか。

 

カテゴリ:


まだいたエゾムシクイ

2010年10月27日 17:52

 

20101027_07410IMG_5368-1.JPG-6℃となった今朝、黄金色のカラマツの枝にエゾムシクイが現われた。

例年ならもうとっくに山を下りているはずなのに、暖かさに下りそこなってしまったようです。

そう云えば、ルリビタキの鳴声も残り葉の間から聞こえてきます。

カテゴリ:


高原に霜の花が咲いた

2010年10月27日 17:24

20101027_07410IMG_5353-1.JPG20101027_07410IMG_5354.JPG高原は紅葉から黄葉に変わり始めたと思ったら、

今朝はこの秋2度目の氷点下、最低気温はー6℃と一気に初冬に入ったような寒さです。

ゲレンデは、ごらんの通りの霜柱の花が一面に咲いた。

カラマツの葉も一晩で黄金色に包まれ、はらはらと散る葉が晩秋の光に輝き、黄金吹雪となって落ちてきます。

 

カテゴリ:


紅葉はまだまだ楽しめます

2010年10月25日 15:39

 

20101025_07410IMG_5347.JPG20101025_07410IMG_5346.JPG猛暑の夏をすごした高原の森の木々は、一時、葉をすっかり痛めて秋の紅葉は期待できないかと思われましたが、どうして、どうして近年になく素晴らしい色彩を、長い期間見せてくれています。
まだ、1週間くらい?は楽しめそうです。

 

写真 上

駒出池付近の紅葉

 

 

 

 

 

写真 下

紅葉越しに見る御座山

カテゴリ:


山を下りるメボソムシクイ

2010年10月25日 15:17

 

20101025_07410IMG_5343-1.JPG

 

高原を賑わしてくれた夏鳥たちも、ルリビタキ、メボソムシクイを最後にすっかり葉の数を減らした紅葉の中ひっそりと山を去って往きます。

ふもとのほうでは、冬鳥の渡来の声も、そこここに聞こえ始めています。

 

カテゴリ:


小盆栽のようなクリタケ

2010年10月22日 16:09

 

20101019_07410IMG_5261-1.JPG

 

山荘の庭に芽を出した小さなクリタケの株、3日ほど置いていましたが、いっこうに成長しないので、思わずその可愛さにテーブルに飾り小盆栽に。

今日で5日目、まだまだげんきに楽しませてくれています。

カテゴリ:


紅き白樺林

2010年10月21日 20:38

 

20101021_07410IMG_5268.JPG20101021_07410IMG_5280.JPG

 

小雨に煙る白樺林もまた風情がある。

すっと霧の切れた瞬間真っ赤に燃えたサラサドウダンツツジが現われシラカバの肌の白さが際立つ。

そしてまた、深い霧のなかに消える。

カテゴリ:


うっすらと初霜が降りました

2010年10月18日 15:44

 

20101018_07410IMG_5257.JPG天気予報の通り寒気襲来。

 

昨夜からぐんぐん気温が下り、ついに明け方には気温零度を指し今秋初めてゲレンデをうっすらと染める霜が降りました。

暖かい暖かいといわれてきた気候もいよいよ冬に向かって歩を進めてきています。

お出でになる方は防寒着をお忘れなく


八千穂高原は紅葉の真っ盛り

2010年10月15日 16:50

 

20101015_07410IMG_5233.JPG20101015_07410IMG_5241-1.JPG20101015_07410IMG_5237.JPG

心配された今年の紅葉も、八千穂高原は、昨夜からの冷え込みで一気に進み、見事な紅葉を見せています。今週いっぱいが紅い紅葉の見頃です
続いてカラマツ林の黄金色の黄葉が晩秋を彩ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:


ワタシにも取れたよ!

2010年10月15日 16:13

 

20101015_07410IMG_5227-1.JPG

 

3歳のユミちゃん、今日はパパ、ママとキノコ狩りナラタケを採ってごきげんです。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:


モトアシ(ナラタケ)の群生

2010年10月11日 16:23

 

20101011_07410IMG_5222-1.JPG

 

深い渓谷の苔むした倒木に自生したキノコの群生は美しい。

ナラタケは、キノコ汁には欠かせない美味しいキノコだ。

 

 

カテゴリ:


紅葉越しに見える山々

2010年10月11日 15:49

 

20101011_07410IMG_5210-1.JPG20101011_07410IMG_5215.JPG20101011_07410IMG_5217.JPGお隣の小海高原 のサラサドウダンツツジの群生は見事だ。
白樺尾根登山コースの南面を真っ赤に染めている。枝越しに遠く富士山、その左越しには奥秩父の名手金峰山、どっしり裾野を広げた御座山、などなど絶好の撮影ポイントだ。さらに、日の出の時の紅はなんともいえない美しさだ。

写真上から
御座山、富士山
金峰山

 

カテゴリ:


サラサドウダンツツジもこんなに色づきました

2010年10月 9日 13:48
20101009_07410IMG_5202-1.JPG雨模様の曇り空のなか、日一日と色づくサラサドウダンツツジ、白樺の幹の白さがいっそう白さを増して見えます。

 

20101009_07410IMG_5200-1.JPG

 

カテゴリ:


今日の白駒の池

2010年10月 8日 14:01

20101008_07410IMG_5192-1.JPG20101008_07410IMG_5190.JPG

白駒の池の紅葉は今が真っ盛り、湖畔には、老若男女のカメラマンがぎっしり、覗き込むすきもないほど湖面に向けてカメラの放列

さかりは、連休まででしょうか。

カテゴリ:


高原が紅く染まりだしました

2010年10月 6日 20:08

 

20101006_07410IMG_5178.JPG20101006_07410IMG_5175.JPG北八ヶ岳、白駒の池に始まった今年の秋は、今、湖畔を深紅に染めて、標高1700メートルの八千穂高原にも紅さが下りてきました。
高原の紅の先がけは、山桜、ツタウルシ、やがて、ナナカマド、ツツジ類、カエデなどに紅が混ざる頃、白樺が黄葉に彩られ全山、錦秋の世界となるでしょう。

上  山桜に留まるコガラ

下  ミズナラに絡まるツタウルシ

カテゴリ:


八千穂高原でこんな鳥を見つけました

2010年10月 3日 20:16

 

20101001_07410IMG_5160-1.JPG20101001_07410IMG_5157.JPG

 

八千穂高原駒出池キャンプ場で、尾羽をすりきらせ、疲れきったように枝先に止まっているハトに似た鳥を見つけた。

体長22~3CM体はハトのようで、尾はセキレイのような変わった姿、

日本野鳥の会軽井沢支部の皆さんに訊ねたところオーストラリア原産のウスユキバトではないかとのこと、インターネットで調べた所、間違いなく観賞用に白色化されたウスユキバトであった。

どこかで飼われていたのであろうが、なぜこんな高地まで来たのか、たぶん生き残ることは難しいのではないでしょうか。

カテゴリ:


今日の白駒の池

2010年10月 2日 21:12

 

2010.10.02 013.jpg

わずか一日でこんなに紅葉が進みました。

 

見頃は10日ごろまでです。

 

 

 

 

10月2日の白駒の池

カテゴリ:


八千穂高原は霧の中

2010年10月 1日 14:31

 

2010.10.01 009-1.jpg2010.10.01 007.jpg今朝の八千穂高原は、霧の中。

 

駒出池はボーっとかすみ、僅かに色付いてきた中ノ島を幻想の世界に引き込んでいます。

 

 

 

 

白樺林も乳白色の霧のなか、その肌はより白さを増し、葉先を薄紅色に染めたレンゲツツジとのコントラストも目立ってきました。

カテゴリ:


今朝の白駒の池の紅葉

2010年10月 1日 14:19

2010.10.01 002.jpg20101001_07410IMG_5145.JPGここ4~5日のぐずついた秋雨前線に遅れていた紅葉もいっきに色付いて来ました。

今朝の白駒の池の様子です。

 

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る