2011年3月

窓辺のバードレストランもいろいろな小鳥がやってくるようになりました

2011年3月30日 10:59

2011-03-30 009-1.jpg2011-03-30 011-1.jpg  2011-03-29 003-1.jpgスキーシーズンが終わりに近付くとわが山荘の窓辺のバードレストランが賑やかになってきます。

今まで雪を避けてふもとにいた冬鳥たちが、えさを求めて窓辺へとやってくるのです。

今年も、アカウソ、シメ、ベニバラウソ、が来ています。

やがて雪も消えはじめるころには、アトリやマヒワなどの群れが飛来し、ホオジロやベニマシコなども顔を見せることでしょう。

冬の主役だったアカゲラやカラたちは、ペアでむつみ合い春の到来を楽しんでいるようです。

写真 上から シメ、ベニバラウソ、アカウソ

カテゴリ:


今年のスキーシーズンは3月27日をもって終了いたしました

2011年3月28日 19:56

八千穂高原スキー場は3月27日をもって今シーズンの営業を終了いたしました。

たくさんの方々が、八千穂山荘をご利用いただきまして誠にありがとうございました。

今年は、まだ豊富に雪が残っています。スキー場は終わりましたが、雪景色や、冬鳥は、まだまだこれからが、撮影時です。

ぜひ、うららかなこの時期に、雪山をお楽しみください。

カテゴリ:


春近し

2011年3月21日 17:50

2011-03-19 007-1.jpg2011-03-19 006-1.jpg窓辺のバードレストランに動物たちが姿を見せるようになりました。
毎年3月なかば雪が消え始めるころになると、小鳥たちのえさを目当てにいろいろな動物たちが朝からやってきます。
今年もホンドリスが毎朝肉やヒマワリを食べていきます。
間もなくテンやキツネも姿を見せることでしょう。

カテゴリ:


寒のもどり?(18日)

2011年3月21日 17:29

2011-03-18 001-1.jpg2011-03-18 010-1.jpgさる16~17日にかけて約50cmの春の大雪に見舞われました。

翌18日には、低い気温の中春らしい日差しに誘われ、白樺林の、ふかふかな新雪に覆われスノーシューを楽しむ姿が見られました。

 

 

駒出池は、一度解けた水面にうっすらと氷が張り、木陰を映していた。

カテゴリ:


ズミの実にキレンジャク

2011年3月18日 21:53
2011-03-15 021-1.jpgのサムネール画像2011-03-15 024-1.jpgのサムネール画像ひと冬越してわずかに残ったズミの実にキレンジャクが一羽一心についばんでいた。

あとひと月もたてば、北の国への長旅に備えているのであろう。

キレンジャクやヒレンジャクの好物はヤドリギの実ですが、昨秋はヤドリギを始めズミなどの実の付きが悪く、餌の採取にとまどっているようです。

 

カテゴリ:


春の藍空を飛翔するノスリ

2011年3月18日 18:35
                                     昨日まで2011-03-15 001-1.jpg2011-03-15 004.JPG真冬のような寒差と降雪にとまどう天候が、今日は一転抜けるような雲ひとつない藍空、頭上には獲物を求めてか、ノスリが一羽高く、低く旋回している。

カテゴリ:


春霞かかる山々

2011年3月15日 19:02

 

2011-03-12 005-1.jpg東北、関東大地震に、尊い命を落とされた方々に深く哀悼の意をささげます。

また、災害に遭われた方々に一日でも早く春が訪れますようお祈り申し上げます。




2011-03-12 001-1.jpg2011-03-12 006-1.jpg

 

高原の山々にもようやく春霞に煙る春らしさが感じられるようになってきました。

 写真上から

小海REEXスキー場から望む

奥秩父の金峰山

佐久穂町の茂来山

落葉松林越しに富士山も

3月12日撮影

カテゴリ:


降り続く雪

2011年3月 8日 22:08

 

2011-03-08 003.JPG一昨日から降り出した雪は今日も止まず、積雪約40センチほどに。
鳥たちは窓辺のレストランにひんぱんに訪れています。

 

 

 

 

2011-03-08 006.JPG窓から眺める雪景色はいつ見ても新鮮です。

 

カテゴリ:


新雪を踏んでスノーシューを楽しみませんか

2011年3月 8日 21:25
2011-03-07 006.JPG真冬には積雪の少ない八ヶ岳東斜面のここ八千穂高原、気温は非常に低く、真冬には北海道の旭川並みに下がり、降る雪はわずかでも一度降れば、なかなか解けない乾燥粉雪です。
そんな八千穂高原も、3月に入れば麓に降る春雨がふかふかした新雪に変わるこれからがスノーシューが楽しめる時

2011-03-07 023.JPG期になります。

シーンと静まり返った白樺林の中はあなただけの世界、
あるのは動物の足あとと、林の中にこだまする小鳥のさえずりのみ、
足元には、冷たい雪の上で目を覚ました小さなユキムシが見られます。

 

 

2011-03-07 015.JPG

カテゴリ:


山の啓蟄

2011年3月 6日 20:38

2011-03-05 001.JPG2011-03-05 006.JPG

3月6日は暦の上では啓蟄だが、八千穂の山はまだまだ深い雪の中、白樺林の中にさす光、八ヶ岳の頂に照る光は官のうちの比べすっかり明るく春の近いことを思わせています。

 


夕陽に映える御座山と茂来山

2011年3月 3日 20:45

 

2011-03-03 001.JPG2011-03-03 013-1.jpg

突然の寒のもどり、最低気温ー15度周りの山々は、どちらを向いても久々に真っ白に衣がえ普段見慣れた茂来山も堂々とした風情、

御座山は、夕日に照らされ黄金色に輝く姿を窓辺から望め、偶然にも山肌をかすめるように飛行する機体がレンズに収まった

カテゴリ:


久しぶりの新雪にいちめんかがやく

2011年3月 2日 22:17

2011-03-02 012.JPG2011-03-02 003.JPG一昨日からの氷雨もようやく雪に変わり、今朝は一面真っ白な世界に荒れ模様の日の出に照らされ美しく輝いた。

 

 

 

 

 

御座山も雲海に隠れ荒れ模様の日の出となった。

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る