2011年6月

2011年6月30日 10:06

ようやくビンズイに逢えました

2011年6月30日 09:22

2011-06-29 003-1.jpg今年はすっきりと晴れた日が少なく、高いカラマツのこずえでさえずるビンズイやアオジ、オオルリなどに、出会うことが少なく、にぎやかなさえずりを、心待ちしていましたが、ようやくビンズイのさえずりとホバリングに出会えました。カラマツの梢でさえずるビンズイ

 

 

2011-06-29 005.JPG

 

 

 

 

ホバリングを始めるビンズイ

 

 

 

 

 

2011-06-29 012-1.jpg

 

 

木陰深くでさえずるエゾムシクイ

カテゴリ:


高原に咲く花々

2011年6月29日 21:05
2011-06-28 018-1.jpg

クリンソウ

 

 
2011-06-28 009-1.jpgのサムネール画像

サラサドウダンツツジ

 
2011-06-28 005-1.jpg

マタタビ

 
2011-06-28 012.JPG

ニッコウキスゲ

 
2011-06-28 004-1.jpg

キバナノリウツギ

 
2011-06-28 015-1.jpg

アズマイチゲ

 

 

 

カテゴリ:


梅雨の合間の夕暮れ

2011年6月27日 21:09

2011-06-26 002.JPG

20090604_07410IMG_2809.JPG毎日毎日うっとうしい降ったり曇ったりの日が続いています。

わずかに青空をのぞかせた夕暮れに心を和ませられています。

夕暮れの御座山

 

 

 

 

梅雨空に乱舞するアマツバメの群れ

 

カテゴリ:


梅雨空の高原

2011年6月20日 20:13

2011-06-20 012-1.jpg2011-06-20 009.JPG雨模様の林床に生き生きとしてきたベニバナノイチヤクソウ
今が見頃です

 

 

 

 

 

 

梅雨空の朝、新緑を映す八千穂レイク

カテゴリ:


小鳥たちは、子育てに懸命

2011年6月20日 20:02

2011-06-20 007-1.jpg2011-06-20 003-1.jpg不順な天候にも負けずに、鳥たちはえさ取りに専念、今年もえさになる虫が少なく苦戦しているようだ。

 

 

餌を狙うコルリ

 

 

 

 

首尾よく虫をとらえたキビタキ

カテゴリ:


新緑の白駒の池

2011年6月16日 17:42
2011-06-16 007.JPG2011-06-16 010.JPG標高200Mを越える白駒の池にもようやく新緑の季節が来た。
湖畔には、ちってゃなコヨウラクツツジの赤い花に、萌えるような新緑がまぶしい。
苔むす林床を、ゆっくり見渡せば、足元には、コイチヨウランやキソチドリがひっそりと咲いている。
北八ヶ岳を、散策するには最適な季節だ。


 

カテゴリ:


可憐な草花が咲き始めた

2011年6月14日 15:21

 ここ何年も、シカに食い荒らされて自然の草花が消滅の危機にさらされ、ゲレンデには自生の草花がほとんど見られなくなってしまいました。

そこで、山荘の周囲に延長約300メートルに及ぶシカよけネットを張り巡らし、シカやカモシカの侵入を防いでいます。

今のところ効果てきめん、いろいろな草花が咲きだしました。

 

2011-06-14 024-1.jpg                    小さな花を咲かせるカモメラン

 


2011-06-14 034.JPG スズランも増えてきました
2011-06-14 036-1.jpg フウロの仲間ではいちばん大きな花を咲かせる
グンナイフウロ
2011-06-14 022-1.jpg2011-06-14 027-1.jpg 
ギンラン                         チゴユリ

 

カテゴリ:


レンゲツツジも咲きだした

2011年6月 8日 21:19

2011-06-08 006.JPG2011-06-08 004.JPG今年はツツジ類の当たり年。
今、ヤマツツジ、ミツバツツジそしてレンゲツツジ、サラサドウダンツツジが白樺林のもとに競い合って咲き乱れています。
見ごろは、来週いっぱいは続くと思います。

カテゴリ:


レンゲツツジの蕾みも膨らみ始めました

2011年6月 4日 20:42

 

2011-06-04 016.JPG2011-06-04 015.JPG満開のヤマツツジやトウゴクミツバツツジに続きレンゲツツジも昨日今日の暖かさにいっきょに蕾が膨らみだしました。
開花するのも間もなく10日前後でしょう。
ズミの赤い蕾も咲き始めました。

 

カテゴリ:


捕食するメボソムシクイ

2011年6月 4日 20:28

2011-06-04 009-1.jpg2011-06-04 008.JPG

快晴に恵まれた朝、標高1900メートル付近はメボソムシクイとルリビタキのさえずりのシャワー、

目の前のメボソは、デスプレーでしょうか盛んに羽を広げたり、畳んだりしばらく同じ動作を繰り返していたが、突然、向きを変え、見事虫?を捕食。

 

カテゴリ:


銘木「貴婦人」も満開に

2011年6月 3日 20:43

2011-06-03 016.JPG八千穂高原の名物、「貴婦人」と呼ばれているトウゴクミツバツツジ朝早くから多数のカメラマンに囲まれて、今年も、色も鮮やかに咲いています。
今が見頃です。

2011-06-03 018.JPG

カテゴリ:


マミジロがよくさえずっています

2011年6月 3日 20:09

2011-06-03 007-1.jpg声はすれどなかなか姿を見せないマミジロ、ようやくカメラに収まってくれました。

今朝からよくさえずっていたマミジロでしたが姿をとらえる事が出来ずに去られてしまい、しばらく車を走らせていると、運良く、前を横切り、藪の中で止まってくれたので、あわててシャッターを切ったため残念ながら露出不足になってしまった。

カテゴリ:


高原にイスカの群れが!

2011年6月 2日 16:17

 

20090531_07410IMG_2785-2.jpg

さる31日駒出池キャンプ場にイスカの雄ばかりの約20羽の群れを、お客様のOさんが確認しました。イスカは図鑑などでは、通常、冬期に大陸から渡ってくる渡り鳥と紹介されていますが、一昨年にも30羽ぐらいの群れ(上記写真はこの時のもの)を確認していますし、この年の秋には、幼鳥も確認されていますので、この高原で繁殖されていることは間違いないようです。

 

20070914_07410IMG_07271.JPGのサムネール画像 9月中旬撮影のイスカの幼鳥、ちょっと見にくいが嘴がわずかに交差している

 

 

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る