2011年8月

高原ははや秋色

2011年8月27日 21:28
2011-08-27 004.JPG 色づり始めたヤマザクラ

2011-08-27 001.JPG
麦草峠付近のダケカンバも黄色味が増してきた

 

カテゴリ:


シカの食害などでチョウたちも苦労をしています

2011年8月26日 16:26

2011-08-24 019.JPG


 

2011-08-23 008.JPGゲレンデは沢山のシカに荒らされほとんどの草花が花をつけることなく、食い荒らされたり、急に暑くなったり寒くなったりと異常な天気に花芽をつけられなかったりと散々な自然界です。

シカがあまり好きでないと思われるわずかに咲いているゴマナや、フジバカマ、ヨツバヒヨドリに群がって吸蜜するチョウやガの仲間たち、チョウの数が本当に少なく、飛ぶ姿もなにか弱々しく感じられます。

 

 

2011-07-14 023-1.jpg

 

 

写真 上 ゴマナに群がるキクビゴマケンモン

  中 他の草の成長が悪いため数を増やしたモジズリの群生

下 ヨツバヒヨドリによるアサギマダラ

カテゴリ:


高原は霧の中

2011年8月22日 21:12
2011-08-22 006-1.jpg

2011-08-22 003.JPG猛暑、猛暑と言われたこの夏も、高原は8日から18日までのわずか10日間だけ19日からは雨、霧の肌寒い日が続きすっかり秋の気配が漂っています。

 

サラサドウダンツツジの実に霧がまといついた

 

 

 

 

 

 

濃い霧につつまれた木々

 

カテゴリ:


窓辺のバードレストランからこぼれたヒマワリが花をつけました

2011年8月16日 21:01

2011-08-14 002.JPG

 窓辺のバードレストランには、十数年ヒマワリの種を小鳥たちに与えてきましたがこの春先に芽を出し始め、なんと背丈は小さいけれど見事な花を咲かせました。

 草丈50CM、花の直径10CM、先祖がえりをしたのか実をたくさんつけるような種類とは思われないどこにでも見られる花の形です。

カテゴリ:


山荘に咲く花々

2011年8月11日 14:06
2011-08-09 005.JPG レンゲショウマ

ツリガネニンジン
2011-08-09 011.JPG ヤブジラミ
2011-08-09 007.JPG レイジンソウ
2011-08-09 001.JPG カワラナデシコ

 

カテゴリ:


ようやく夏空がもどってきた

2011年8月 8日 20:52
011.JPG

007.JPG先月下旬に来た台風6号以来長い間ずっとぐずつき、朝青空をのぞかせたかと思えば、瞬く間にどんよりした雲におおわれたり、突然に土砂降りの雨に見舞われたり、最近は毎日ものすごい雷雨が襲ったりと、異常な天候もようやく終わり、今日は朝から大きな入道雲があちこちに現れ、いつもの夏空に戻った。

 

 

 

 

高原は、いつの間にかススキが穂を出し始め、初秋の気配が感じられるが、夏本番はまだまだこれだ。

 

 


窓辺のバードレストランにテンがやってきた

2011年8月 4日 20:41

002-1.jpg

夜間に人目を忍んで餌台に来ていた様だった子供のテン、久しぶりに昼間の窓辺のバードレストランに現われた

鳥用に籠に入れた脂身を動物たちに横取りされないようにと、コンパネを針金で縛ったり、太い銅線を巻きつけたりいろいろふたを開けられないよう工夫していたが、何れも食い破られ悔しい敗北を喫してしまっていたが、今は籠の口にぴったり合う小瓶をさかさまに入れ何とかしのいでいる。

もっとも最後にはみんな食べられてしまうのだが・・・・・・

 005-1.jpg生まれたばかりの春先には、真っ白だった顔や手足も、夏毛の黒に衣がえしてすっかり逞しくなってきた。

当分楽しめそうだ。

カテゴリ:


ウバユリの大きな花が咲いた

2011年8月 3日 21:45

2011-08-01 007.JPG一見薄緑の目立たない花をつけるウバユリだが、まとまって咲くとなかなかその存在感は大きい。

鱗茎にはでんぷんが多く含まれ昔から食されている。

 

 

 

 

2011-08-01 001-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る