2012年3月

高原の春はホオジロのさえずりから

2012年3月27日 18:26
2012-03-27 002.JPG

 

久しぶりの抜けるような青空にひときわ強い春の陽ざし、高原に春呼ぶのは何と言ってもホオジロのさえずりだ。

もだ雪におおわれた山に、しみいるように鳴く声は、寒さから解放される喜びをはこんでくれる。

2012-03-27 006.JPG

 

林の中には、この冬に生まれた子兎と子狐がたわむれていたかの様に小さな足あとが、長閑についている。

 

2012-03-27 007.JPG

 

雑木林に差し込む日の光にも春を感じる。

 

カテゴリ:


テンやリスが来るようになってきた

2012年3月24日 20:37
2012-03-21 002.JPG

 

昨秋からどこからさまよってきたのか、飼い主から見捨てられ置き去りにされたのか、毛並みのきれいな飼い猫がひんぱんに現われ、追えども追えども暖房やボイラーにあたためられた縁の下に、居座り、野生のテンやアナグマは敬遠、さっぱり姿を見せなかったが、

 

 

2012-03-21 004.JPG

 

さすがのネコも余りにも厳しい冬の寒さにいつの間にか何処ともなく去ってしまった。

そして、最近夜になると、テンの子供が2匹で現れ、窓辺のバードレストランで鳥の餌を失敬したり、リスがやってくるようになってきた。

 

 

カテゴリ:


水辺は賑やかです

2012年3月20日 17:45
2012-03-20 021-1.jpg

 

ついに大方の冬鳥は姿を見せないで季節は変わろうとしています。

駒出池には、いろいろな冬鳥を楽しめる時期なのですが、今、出会えるのはツグミ、ジョウビタキ、ぐらいでしょうか、

水辺のジョウビタキ

2012-03-20 016-1.jpg

 

いつもなら、ヒレンジャクやキレンジャクが群れているヤドリギは、ヒヨドリが群れてその実を啄ばんでいます。

 

エナガは、ユキムシを啄ばんでいるようです。

2012-03-20 025.JPG

姿は見せなかったが、ミソサザイのさえずりが聞かれました。

 

 

 

飛び立つヒヨドリ

 

カテゴリ:


駒出池も温んで感じます

2012年3月20日 17:15
2012-03-20 008.JPG

 

今年の雪解けは早い。

寒かった2月にくらべ、3月に入って寒暖の差が激しく、積雪のあった翌日は3月とは思えぬ大雨により凍った大地をとかし雪解けを速めてしまっています。

表日本の平野は春が遅れているといわれていますが、その分、高原の春は早まるのでしょうか。

2012-03-20 007.JPG

 

駒出池の水も、日差しの強くなってきた春分の日の光に暖かく感じられます。

小鳥たちも水辺によって餌を探し始めています。

 


新雪のゲレンデ

2012年3月11日 17:14
2012-03-11 003.JPG

 

晴れ上がった青空のもと、整備されたゲレンデはスキーヤーの来るのを待っている。

2012-03-11 031.JPG

 

ゲレンデはジュニアーたちが柔らかい新雪の上に乱舞している。

 

カテゴリ:


久しぶりの大雪に輝く山々

2012年3月11日 16:40
2012-03-11 019.JPG

 

一昨日から続いた降雪は今シーズン初めての積雪50CMとなり、今朝は抜けるような春の青空。

久しぶりの素晴らしい日の出でした。

粉雪をかぶった山や木々は、黄金色に輝き、目映い景色を醸し出しすがすがしい気持ちにさせてくれた。

2012-03-11 015.JPG

 

雑木林も朝日に輝く

2012-03-11 004.JPG

 

 

黄金色に染まったカラマツ林

 

カテゴリ:


根雪が融け、早くもキジバトがやってきた

2012年3月 8日 20:42
2012-03-08 001.JPG

 

例年ならば、雪の消え始める4月上旬に姿を見せていたキジバトが、先日から二回の大雨でほとんど雪が消えてしまったバードレストランに早くも姿を見せた。

3月に入って毎日暖かい日が続き凍土が融けてしまったので、もう、これから降る雪は根雪にはなりそうもありません。

 

2012-03-08 007.JPG

 

ヤマガラもやってきた。

 

この冬全く姿を見せなかった冬鳥たちが、はたして雪の消えた山野にいつものようにやって来てくれるでしょか

 

 

カテゴリ:


うららかな弥生入り

2012年3月 1日 20:57
2012-02-29 003.JPG 

 

20年ぶりとか言われたこの冬の寒さらしく、2月の最後の日は雪にくれた。

窓辺のバードレストランに来たカケスも降りしきる雪にまみれて順番待ち。

 

2012-03-01 007.JPG

 

明けて、3月1日は朝から春が来たかのようなうららかな晴天に誘われ里(大石、松井集落)にバードウオッチングに出たが、出会うのはホオジロばかり、カシラダカ、アトリ、マヒワの小さな群れ、今シーズン初めてたった1羽のシメにであったのが幸いでした。

松井集落から望む北横岳

2012-03-01 004.JPG

 

それと、山鳥の雄雌何れもカメラを向ける間もなく飛び去られてしまい記録に残らず残念でした。

 

 

山荘から見る雪をかぶった剣ヶ峰

 

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る