2012年6月

ヤマオダマキとニッコウキスゲ

2012年6月29日 17:29
2012-06-29 005-1.jpg

 

清楚に咲くヤマオダマキ

2012-06-29 003.JPG

 

グンナイフウロの青紫をバックに

2012-06-29 012.JPG

 

早々とニッコウキスゲも咲きだした

 

カテゴリ:


キジバトも日光浴

2012年6月26日 16:08
2012-06-26 002.JPG

いつもつがい出来ていたキジバトも、この頃は営巣中であるのか1羽でやってくる。

窓辺のバードレストランでたらふく食べた後は梅雨の合間の貴重な日差しに羽を広げてのんびりと日光浴としゃれこんでいる。

カテゴリ:


梅雨の合間の夜明け

2012年6月23日 21:30
2012-06-21 002.JPG

 

あちらコこちらに大雨をもたらした梅雨空も、今日はいっぷく、きれいな雲海を見せてくれた。

2012-06-23 002.JPG

 

たなびく雲に新緑が一段と映える。

 

カテゴリ:


森の中の鳥たち

2012年6月19日 18:10
2012-06-18 025-1.jpg

森の中は、今繁殖行為の真っ最中。

早々と子育てを終わり巣立ったばかりの幼鳥に催事を教える親、生まれてばかりのヒナに餌をはこぶ親、まだ卵を抱える親と、黙々と子孫繁栄を図っています。

巣立ったばかりのカケス

2012-06-18 011.JPG

 

孵ったばかりのヒナのために餌を求めて忙しく巣箱を出入りするシジュウカラ

2012-06-18 019.JPG

 

巣を守るためか、激しくさえずり縄張りを主張するキビタキ

 

カテゴリ:


山荘のまわりは花がいっぱい

2012年6月18日 18:05
2012-06-18 005.JPG

 

高原のシンボル的存在のクリンソウ山荘のあちらこちらに鮮やかな朱色で咲き誇っています。

2012-06-18 012.JPG

 

可憐な姿を見せるスズラン

2012-06-18 010.JPG

 

フウロの中では、赤紫の大きな花を咲かせるグンナイフウロ

2012-06-18 007.JPG真っ白な花で木ぜんたいをおおったズミ

カテゴリ:


梅雨空に咲く花たち

2012年6月14日 20:32
2012-06-13 015.JPG

 

八千穂高原の姫、

クリンソウ

今年の花は、大変小さい

2012-06-13 018.JPG

 

 

深山にひっそりと咲く小さな花、

カモメラン

2012-06-13 013.JPG

 

名はこわいが、その実は形は小さいが、味、香りはストロベリーそっくり、

ミヤマヘビイチゴ

2012-06-13 007.JPG

白い提灯をぶら下げたような地味な花

アマドコロ

お浸しがおいしい山菜

カテゴリ:


咲きだしたミヤマザクラ

2012年6月12日 17:46
2012-06-12 003.JPG

 

山荘の樹齢300年?とも云われる幹回り約2.5Mもあるミヤマザクラの花が例年より10日ほど遅れて咲きだしました。

となりのズミの蕾もふくらみ出し、真っ白な実ヤマザクラの花と、ピンクのズミの花が梅雨に入ったうっとうしい霧をはねのけるように鮮やかさをかもしだしています。

2012-06-12 007.JPG  

 

カテゴリ:


レンゲツツジも咲きだした

2012年6月 8日 21:46
2012-06-06 103.JPG

 

白樺林の中のレンゲツツジも鮮やかなオレンジ色の蕾をふくらませ始めた

2012-06-06 105.JPG

 

オレンジ色のレンゲツツジ、バックには薄紫のトウゴクミツバツツジ、高原は色とりどりの花々につつまれだしました。

 

カテゴリ:


駒出池は真っ白なズミの花とヤマツツジの競演

2012年6月 6日 19:48
2012-06-06 012.JPG

 

駒出池は、トウゴクミツバツツジに代わって、真っ白なズミ、ヤマツツジ、レンゲツツジにと主役が交代初夏に趣きとなってきました。

 

    2012-06-06 016.JPG

 

駒出池のヤマツツジ

 

カテゴリ:


麦草峠は春まだ浅く

2012年6月 6日 19:34
2012-06-06 003.JPG

ひょうこう2127mの麦草峠はまだ芽吹きもわずか、峠のヤマザクらは紅い芽をそっと出し、今年の異常気象に、小さな花をなおさら小さく咲かせています。

ダケカンバは、まだまだ芽吹きさえもしていません。

カテゴリ:


カッコウが鳴いた

2012年6月 3日 10:09
2012-06-02 022-1.jpg

 

例年より10日ほど遅れてやってきたカッコウ、曇り空に一日中鳴き疲れたか舞い上がる

2012-06-02 011-1.jpg

 

初夏には程遠い気候の中、カラマツのてっぺんを右へ左へと声を張り上げる

 

 

カテゴリ:


今が盛りのトウゴクミツバツツジ

2012年6月 2日 14:22
2012-06-01 016.JPG

 

新緑に萌える八千穂高原のあちらこちらで大きな株にせいいっぱい淡いピンクの装いを披露するトウゴクミツバツツジ

2012-06-01 033.JPG

 

芽吹いたばかりの若葉の間から紅いつぼみで出番を待つズミの花

来週中ごろ真っ白な花が見られるでしょう

 

2012-06-01 038.JPG

 

例年より10日ぐらい開花が遅れているレンゲツツジ、ようやく硬いつぼみがはじけ始めてきました。

見ごろは中旬になりそうです。

 

カテゴリ:


我が家の居候のアナグマ

2012年6月 1日 20:22
2012-06-01 008-1.jpg

 

昨年から物置の縁の下を住み家にしているアナグマ、昨年秋まではすっかりなじみ、人懐こくしていたがあまりにも図々しくなり、いたずらが激しくなってきたので、ちょっとお仕置きをしたところ何処へともなく姿を消していたが、最近また姿を見せ今度は鳥の餌を横取り、餌台までもこわす始末。

 

2012-06-01 004-1.jpg

 

でも、耳を下げ遠慮をしながら?食べるさまはまさにいそうろう、愛嬌ある顔つきと共に憎めない奴です。

 

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る