2012年8月

山を下りはじめたメボソやルリ

2012年8月31日 21:43
2012-08-28 001.JPG

 

例年より少し早めにルリビタキやメボソムシクイが山荘の周辺に姿を見せています。

メボソはカウベルを激しく振り鳴らしたように賑やかに、ルリビは「ぶぃっぶぃっ」と押し殺したように静かに鳴いています。

メボソムシクイ

 

2012-08-23 009-1.jpg

 

山道を静かに散策すれば、足元からは、アカゲラの幼鳥やクロジ、ヤブサメなどの幼鳥が飛び出し驚かされます。

あまりにも突然なのでカメラを向けるひまがないのが残念です。

 

ルリビタキのメス

 

カテゴリ:


アサギマダラがあちらこちらで見られます

2012年8月27日 21:42
2012-08-24 002.JPG

 

山野草の花の付きが悪かったこの夏、帰化植物のキクイモの花だけは、しっかりと咲いています。

この花に群がってチョウたちもようやくあちらこちらに見られる様になりましたが、その数はあまり多くはありません。

アサギマダラ

2012-08-24 001.JPG

 

非常に少なくなったといわれるヒョウモンモドキ

2012-08-24 004.JPG

 

クジャクチョウも数が少ない

 

カテゴリ:


オオルリの若が姿を見せた

2012年8月24日 19:28
2012-08-23 007-1.jpg

 

早くも色ずき始めたミヤマザクラの葉陰に姿を見せたオオルリの若。

2012-08-23 006-1.jpg  

 

 

 

 

カテゴリ:


ミヤマザクラの実をついばみに雛たちが

2012年8月22日 20:35
2012-08-22 001.JPG

 

ミヤマザクラの小さなサクランボを目当てにいろいろな鳥たちがひっきりなしについばみに来る。

ちょこちょこと葉に隠れなかなか見上げるカメラに入ってくれない。

 

 

ゴジュウカラのヒナ

2012-08-22 004.JPG

 

サクランボは、苦くて人の口には、とても食べられない。

ホオジロの群

2012-08-22 025.JPG
   
2012-08-21 001.JPG

 

ここには珍しいメジロが群れてきた

 

 

 

 

 

 

 

 

コサメビタキも仲間入りできた

 

カテゴリ:


ビンズイの巣立ち

2012年8月20日 20:22
2012-08-20 027-1.jpg

 

森の中を頼りなげに飛び跳ねるヒナ、巣立ちをしたけれどまだ飛ぶことが出来ないようだ。

懸命に草陰に逃げ込もうとしている。

頭上では、親が小さな声で「じっ、じっ」と地鳴きで安否を気遣っている。

 

2012-08-20 030-1.jpg

 

うまく親と遭遇して無事に巣立ちが出来ることを願って、そっとその場を離れた。

 

カテゴリ:


帰ってきた夏空

2012年8月16日 21:05
2012-08-16 007.JPG

 

きのうのホームページでの天への嘆きが通じたのか、きのうまでのうっとうしい湿った曇天続きから一転真夏の太陽が戻ってきた。

神に感謝!

カテゴリ:


真夏の太陽はどこへ行った

2012年8月15日 16:16
2012-08-15 006-1.jpg

梅雨時のような湿度の高い日が続くこの夏、例年見られる真夏の爽やかな日の出が見られない。

きのう近畿地方を襲った集中豪雨の余波か、今朝の日の出も重苦しい雲の隙間からわずかに顔をのぞかせた。

一日中こんな雲におおわれるのか?すっきりした高原の季節はいつ来るのでしょうか

 

 

カテゴリ:


山のサクランボ

2012年8月14日 20:19
2012-08-14 006-1.jpg

 

数多い桜の中で一番最後に開花すると思われる山荘の前のミヤマザクラ、6月10日ごろわずか3日で散ってしまう本当の「三日見ぬ間の桜」小さな、小さなサクランボをつけました。

ルビーのような輝きから真っ黒に熟しやがて小鳥たちの格好な餌となります。

2012-08-14 002-1.jpg  

 

カテゴリ:


高原は秋の気配

2012年8月 9日 20:54
2012-08-09 014.JPG

 

立秋が過ぎれば、早くもススキが穂を出し、萩の花は咲き、キイチゴは熟れ、高原は秋の気配が漂い始める

2012-08-09 011.JPG  

 


森は幼鳥でいっぱい

2012年8月 9日 20:22
2012-08-09 003-1.jpg

 

あれほど賑やかにさえずっていた小鳥たちも、今は静かに生まれたばかりの子供たちの世話に忙しい。

今頃の探鳥には、森の中を静かに訪れ、聴き耳をそばだて、「ギュウ、ギュウ」とか「チッ、チッ」とか」小さなぐずりや地鳴きを頼りにやぶの中を探ります。

 

2012-08-09 005.JPG

 

じっと待っているときっと繁った葉の間から次から次へと群れが顔を出すことでしょう。

 

 

2012-08-09 009.JPG

写真

上から、

ルリビタキの幼鳥

ヒガラ、

コガラ

 

 

カテゴリ:


トンボ2題

2012年8月 5日 20:42
2012-08-04 008.JPG

 

レンゲショウマの蕾みにとまるナツアカネ

2012-08-04 006.JPG

 

コバノギボシとナツアカネ

 

カテゴリ:


チョウたちの季節

2012年8月 4日 13:43
2012-08-04 010.JPG
ヨツバヒヨドリで吸蜜するフタスジチョウ
2012-08-02 003.JPG  クガイソウに集うヒョウモンチョウの群
2012-08-04 004.JPG 2012-08-04 011.JPG
花の少ないこの夏蝶たちはわずかな花々に競いあって蜜を吸う ヤマキチョウはミツバチと共に

 

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る