2012年10月

お風呂につかって紅葉見物

2012年10月28日 17:24
  2012-10-28 007-1.jpg

 

山荘の展望風呂から今が盛りの山モミジの紅葉が、彼方の雄大な尾根には、黄金色に染まったカラマツ林がゆったりと時を忘れて心や体を癒してくれる。

2012-10-26 004.JPG

 

マユミは、実や葉までが真っ赤に色づいて目を楽しませてくれる。

 


マユミの実に集う鳥たち

2012年10月26日 21:10
2012-10-25 020-1.jpg

真っ赤に色付いたマユミの紅葉に、その実に誘われるように鳥たちがやってくる。

夕暮れのその時、アオゲラが、アカゲラが、アカハラが人目を忍ぶように次から次へとついばんでゆく。

やがて、冬鳥のツグミたちもこの実を楽しみにやってくるでしょう。

 

 

2012-10-25 014.JPG

 

 

カテゴリ:


黄金色の山々

2012年10月25日 16:12
2012-10-22 011.JPG

 

夕陽の照り輝く白樺林

弱々しくなった日の光に白い肌と黄金の衣が艶めかしく映る。

2012-10-21 021.JPG

 

ミズナラをはじめとする高原の雑木林の黄葉は、一段とゆく秋の侘しさを感じさせる。

 

カテゴリ:


北八ヶ岳も初冠雪

2012年10月24日 19:30
2012-10-24 008.JPG

 

今秋初の氷点下になった八千穂高原の紅葉は今が盛りとあたりを錦繍に染めています。

昨日からの雨は、北八ヶ岳の頂付近では雪となり、黄金色に染められた裾野から真っ白になった神々しいばかりの姿をのぞかせ、山々は早くも季節の移ろいを感じさせています。

 

2012-10-24 005.JPG

写真上から天狗岳、

中、浅間山の初冠雪

下、麦草峠のカラマツの樹氷

2012-10-24 015.JPG  

 

カテゴリ:


高原は圧倒されそうな紅葉につつまれて

2012年10月21日 15:29
2012-10-21 014.JPG

 

紅葉の女王

山もみじが一面に照りかえる

2012-10-21 003.JPG

余地岩の紅葉

今週いっぱいは見頃が続きそうだ。

 

 

カテゴリ:


今日の白駒の池

2012年10月20日 15:05
2012-10-19 007-1.jpg

 

19日の白駒の池

華やかだった湖畔もサラサドウダンの葉は散り始め、水面に移す影にもそぞろ寂しさがこもってきた。

2012-10-19 009-1.jpg

 

静かさをましてきた高見石には、ぽつんと子供の姿が

2012-10-19 002.JPG

 

原生林の中には、白い小さな花を咲かせたスギゴケがひっそりと咲いていた。

 

カテゴリ:


霧の高原

2012年10月18日 09:23
2012-10-18 007-1.jpg

 

深い霧の中、ぼわ~と紅が花のよう

2012-10-18 026-1.jpg

 

スぅ~と霧が薄れた

2012-10-18 012.JPG

 

色 彩彩 10月の紅葉は4月の花より紅なり

 

 

カテゴリ:


この鳥の名前を判定してください

2012年10月16日 20:04
  2012-10-15 002-1.jpg

昨日メジロ、カラの混群と共に飛来。

体長12~13CM何の変哲もない小さな鳥でした

カテゴリ:


山はくれないの真っ盛り

2012年10月16日 19:48
2012-10-16 002.JPG

 

イタヤカエデの紅葉

2012-10-16 021.JPG

 

 

岩場の紅葉

 

カテゴリ:


気温零度の日の出

2012年10月13日 19:42
2012-10-13 015.JPG

今秋初めて最低気温が0℃を記録した。

厳密に測るとー0.2度と氷点下をさす。

紅葉はいよいよ色付きを濃くし、白駒の池はだいぶ落葉し始めた。

カテゴリ:


メジロがここまで上がってきた

2012年10月13日 16:33
2012-10-12 002.JPG

 

今までメジロの生活圏は、標高1300mあたりまでだったのが、最近は1650mの山荘にカラと混群を作り群れをなして飛来するようになってきました。

コガラ、ヒガラ、シジュウカラ、エナガ、メボソムシクイ、コゲラ、などが混ざっています。

2012-10-12 001-1.jpg

 

メボソムシクイも混群の中に

 

 

カテゴリ:


エゾビタキが数羽飛来した

2012年10月12日 07:43
2012-10-11 002-1.jpg

絶好の秋日和に照らされたカラマツ林の中から見慣れない鳥が数羽交代に飛び出しては何かを捕食しているのか、数十メートルゲレンデを飛び交っては枝に戻る行為を繰るかえしている。

当初、ビンズイのヒナの師匠練習かなと思ったが背中の模様が違うし、色も白い、小雨にしては腹部が白すぎるしどうやらエゾビタキであろうと判定した。

このあたりでは珍しい鳥です。

カテゴリ:


ゲレンデに初霜

2012年10月10日 20:07
2012-10-10 001.JPG

 

今朝、今秋一番の冷え込みにゲレンデにはうっすらと霜が降りた。

快晴の空に陽が登ると、たちまち消えてしまったが、季節は確実に冬へと歩んでいる。

2012-10-10 007.JPG

 

まわりの木々はまだ青々としているが、ハゼノキは真っ赤に染まり一段と鮮やかに見える。

標高1300m付近の高原

   

 

カテゴリ:


白駒の池の紅葉

2012年10月 7日 20:24
20101008_07410IMG_5187-1.jpg

 

白駒の池の紅葉は今からが見ごろ、この連休には終日駐車場はいっぱい、駐車待ちの車で国道229号線は駐車待ちで長蛇の列。

見ごろは今週いっぱいは大丈夫だと思われるので、ちょっと、時期をずらしたほうが賢明かも

20101008_07410IMG_5195-1.jpg

 

 

 

カテゴリ:


八千穂高原にも紅葉が

2012年10月 6日 19:52
2012-10-05 003.JPG

 

八千穂高原の紅葉は、山ブドウと、ツタウルシの紅から始まった。

2012-10-05 013.JPG

 

ツタウルシとハゼの木

2012-10-05 007.JPG 秋晴れの駒出池

                                         

カテゴリ:


白樺林の紅葉

2012年10月 2日 14:17
2012-10-01 006.JPG

 

白樺林の紅葉は、ヤマザクラの紅色から始まる。

今年のヤマザクラは、この時期までしっかりと落葉しないできれいにいろずいて目を楽しませてくれています。

2012-09-29 002.JPG

 

何故か、顔を見せることの少なかったキノコたち、ポツリ、ポツリと姿を見せ始めました。

果たしてこれから沢山出るのでしょうか。

写真は、ナラタケ(通称モトアシ)

 

 

カテゴリ:


紅葉の中の鳥たち

2012年10月 1日 18:06
2012-10-01 005-1.jpg

 

「じりっ、じりっ」と小さな声で鳴き交わしながら紅く染まったヤマザクラを枝から枝へと飛びかわすエナガのむれ

2012-10-01 004.JPG

 

むれの中にはエゾムシクイが数羽、南に去る前のひとときの名残を惜しんでいるようだ

2012-10-01 002.JPG

 

窓辺のバードレストラン常連のウソ、ヒナたちは戯れながらシモツケの実などをついばんでいます

 

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る