2013年1月

毎日来る様になったアトリ

2013年1月31日 21:06

 

2013-01-29 017.JPG

 

2,3羽で来ていたアトリは、だんだんと数を増し、毎日来るようになるとすっかり窓辺のバードレストランにも慣れて今朝は、15羽ほどにふくらみ、餌の取り合いがはじまった。

2013-01-29 016.JPG 飛びまわる個体もおりすっかりなじんできた。

 

カテゴリ:


冬の駒出池

2013年1月31日 20:38

 

2013-01-31 008.JPG

寒中というのに鏡のように付近のシラカバを映す水面。

標高1400メートルの駒出池は全面凍結はしない。きのうからの3月下旬のような日中の陽気に、周りのシラカバ林と真っ白な雪を映し、融け入りそうな静寂があたりをつつみこみ、まるでおとぎの国へ迷い込んだようです。

2013-01-31 007.JPG  

 

カテゴリ:


窓辺のバードレストランにアトリが群れてきた

2013年1月25日 17:05

 

2013-01-24 002-1.jpg

 

窓辺のバードレストランにまた珍客が現れた。

いっぺんに春が訪れたような昨日、窓辺にアトリの群が突然に飛来して、しばらく新雪をかき分けえさ探しをしていた。

 

2013-01-25 005.JPG

 

バードレストランには、常連になったシメが、その恐そうな顔に似合わず、コガラやウソと仲良くヒマワリの種を食べています。

バードレストランには常にコガラ、ウソ、ゴジュウガラ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウガラ、コゲラ、アカゲラ、シメ、カケス、時々ホシガラス、エナガ、などが多い時には

2013-01-25 006.JPG

 

20羽ほどが集まり毎日小さなバケツ三杯ほど平らげていきます。

 

 

カテゴリ:


松原湖のワカサギ釣り

2013年1月21日 20:35

 

2013-01-21 032.JPG

 

松原湖では、麻日の出前の6時30分ごろから零下15度にもなろう厳寒の中マニアたちが寒さもモノともせず懸命に小さな魚を相手に奮闘、

雪と氷につつまれた湖面の風物詩

 

2013-01-21 026.JPG

 

近くの別荘にお住まいのご主人、今日の釣果はこれだけで大満足

 

 

カテゴリ:


今朝の八岳の滝

2013年1月21日 20:19

 

2013-01-21 003.JPG

 

寒い日が続いているようですが、今年の八岳の滝の結氷状況はイマイチとゆうところでしょうか。

昨夏の豪雨で周辺の状況が変わってしまった影響でしょうか、水量が多いように見えます。

 

2013-01-21 015.JPG

 

氷の妖精たち

 

カテゴリ:


厳寒の朝

2013年1月18日 20:11

 

2013-01-16 006.JPG

最低気温マイナス17℃の今朝、真青に晴れ上がった空にきらきら光る小さな光の群舞。

 そう、ダイヤモンドダストの出現だ。

カテゴリ:


八千穂も大雪です

2013年1月15日 20:08

 

2013-01-14 004.JPG

 

正月3日以来の積雪は一日で50CMと久しぶりの大雪となり、玄関前はすっかり粉雪につつまれ駐車場の車は、半分雪の中、まるで信越の雪国のよう、

2013-01-15 008.JPG

 

 

 

 

2013-01-15 013.JPG

 

ゲレンデは八千穂本来のアラスカの雪を思わせる絶好なコンディションとなりました。

スキーヤーは、思い思いのシュプールを描いて気持ちよく滑っています。

 

 

 

カテゴリ:


久しぶりホシガラスが来た

2013年1月11日 16:14

 

2013-01-11 009-1.jpg

5年ぶりぐらいだろうか、本当に久しぶりに窓辺のバードレストランにホシガラスが姿を見せた。

元日にちらっと姿を見せ、室内の物音に驚いてたちまち飛び立ってしまったが、今日はじっくりと餌を食べていった。

ここの雰囲気に慣れたのでしょうか。

 

2013-01-11 025-1.jpg  

 

カテゴリ:


シラカバ林の夜明け

2013年1月 8日 20:12

 

2013-01-07 014-1.jpg

 

厳寒の八千穂高原の朝は、常に零下10℃以下、この日の日の出時期はマイナス13℃の厳しさにあたりはピン張りつめた空気につつまれている。

それだけに太陽が上がった時のなんとも言えない光の神秘さ、神々しさを感じさせられる。

2013-01-07 021-1.jpg

 

霧氷につつまれた白樺林に差し込む光は、ほのぼのと暖く身も心も幸せを天から戴いたようです。

 

カテゴリ:


枯れ木に花が咲いた?

2013年1月 6日 21:04
2013-01-05 011.JPG

マユミの木は不思議な樹だ。

6月1CMほどの淡緑色の小さくて地味な花を咲かせ、秋には、淡紅色の蒴果が熟して4つに裂けると中から真っ赤な種子が枝いっぱいを鮮やかに飾る。

やがて、オコジョや、渡ってきたツグミやレンジャクたちについばまれたり、熟れてこぼれ落ちたりしてすべて無くなると、蕚片だけが残り澄みきった冷たい冬の空に向かって真っ白な花が咲いたように無味乾燥した冬の林を賑わせてくれます。

 

カテゴリ:


今年も仲良く平和に

2013年1月 5日 19:58

 

2013-01-05 008-1.jpg

 

寒さと雪におおわれたこの季節、窓辺のバードレストランは鳥たちが入れ替わり立ち替わり訪れる。

肉の入ったかごには、アカゲラとコガラが呉越同舟なかよく突きあっています。

世界中の人たちもこのように過ごせるといいですね

2013-01-05 007.JPG

そして未来に向かってはばたきたいと思います。

年の初めに

 

 

 

 

アカゲラ

2013-01-05 001.JPG

 

コゲラ

 

カテゴリ:


新年おめでとうございます

2013年1月 1日 16:20

 

2010.01.03 002-1.jpg

明けましておめでとうございます

平成25年元旦の空は素晴らしい日の出で始まりました

皆様の合い変わらぬご多幸をお祈り申し上げます

 

 

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る