2013年8月

ハンゴンソウとアサギマダラ

2013年8月30日 20:08

 

2013-08-27 007-1.jpg

数少ない花を求めてハンゴンソウによるアサギマダラ

春から寒暖の差が激しく、季節の移り変わりがあるのかないのか、四季の感じられなくなった昨今、自然界の昆虫や植物は大きな異変を起こしているようです。

草は、成長できずに花をつけることもままならない草原は、チョウや虫たちの姿もわずかしか見られない異常さでした。

2013-08-27 009.JPG

 

例年山荘の軒には、うっとうしいほどの蜘蛛の巣が張り巡らされ、掃除に苦慮していたのが、今年はわずかに一張りあっただけと、いかに昆虫が少なかったかがわかります。

 

カテゴリ:


新涼の風吹く八千穂高原

2013年8月27日 16:45

 

2013-08-27 001.JPG

 

群青の空を背に光るススキ

2013-08-27 010.JPG

 

深山にだけ実るサルナシ、味覚の秋もすぐ近く

 

 

2013-08-27 004-1.jpg

 

ワレモコウにとまるアキアカネ

 

カテゴリ:


高原に秋が来た

2013年8月25日 16:42

 

2013-08-25 007.JPG

 

昨日の激しく降った雨が、今朝は、霧を交えた秋らしいシトシト降りに山の草木は生き返ったようにみずみずしく見える。

矢張りシラカバ林には霧がにあう。

高原に秋が来た。

2013-08-25 009.JPG

 

ぱさぱさに乾いた山肌が、しっとりとして待ち望んでいたキノコが顔を出し、苔も生き生きとしてきた。

 

カテゴリ:


窓辺のバードレストランに少ないながら鳥たちが来るようになりました

2013年8月25日 15:41

 

2013-08-25 001-1.jpg

 

少ない数ですが、窓辺のバードレストランにいろいろな鳥たちが来るようになりました。

この時期、ふだんなら見られる鳥たちの群れに、森の中を散策してみてもなかなか会うことが少ないこの夏、たまに遭遇しても5,6羽の小さなものばかり、特にカラの群が少ないようです。

2013-08-24 011.JPG

窓辺のバードレストランに来るはずのカラの群は、全く来ません。

 

上 イカルの親子

下 エゾムシクイ

 

 

カテゴリ:


ビンズイの巣立ち

2013年8月23日 20:54

 

2013-08-23 007-1.jpg

 

うす暗い木立の中にやってきた2羽のビンズイ、仲良く枝にとまったかと思いきや、突然相手を攻撃、びっくりした相手は、たちまち飛び去ってしまった。

きっと、巣立ったばかりの幼鳥だったのでしょう

2013-08-23 008-1.jpg

 

あとに残った1羽は、飛び去ったかなたを、しばらくじっと見送っているようだった。

 

カテゴリ:


暑い日が続く高原に秋の気配が

2013年8月22日 20:27

 

2013-08-21 001.JPG

 

下界だけではなく高原でも、極暑な日々が続いていますが、高原の植物たちは、季節の移ろいを感じているようで、気の早い木々は、葉を紅く染めはじめています。今年は、高温少雨の日が多かったせいか、木の葉に疲れが見えています。

気の早いウチワカエデ

2013-08-21 008.JPG

 

高原の紅葉は、桜の仲間から始まります。

ミヤマザクラの色付き。大分木の葉を落としています。

 

カテゴリ:


高原の花々

2013年8月15日 16:09

 

007.JPGのサムネール画像

 

すきとおるような薄紫が、上品なレンゲショウマ

2013-08-09 004.JPG

 

湿った深い森の中にひっそりと咲くキンポウゲ科にその名も奥ゆかしいレイジンソウ

2025.JPG

 

明るい草原を彩るコオニユリトワレモコウ、左には時期遅れのノハラアヤメ

何れも、シカに食べられすっかり数が減ってしまった

 

カテゴリ:


小鳥たちのヒナがあまり見られません

2013年8月14日 21:11

 

2013-08-13 007.JPG

 

春からの異常気象は、小鳥の世界にも大きな影響を及ぼしているようです。

こんな山の中の山荘付近でも、本来梅雨時に大量に発生するカゲロウや毛虫がほとんど現れず、軒先にところかまわず網を張るクモの類が全くと言っていいほどいません。

コサメビタキの若

2013-08-13 002.JPG

そのせいでしょうか、今頃に時期には笹やぶから聞こえる小鳥たちのヒナの囁きや姿がほとんど見当たりません。

たまに来るからの類も単独か、5,6羽の群です。

最近ようやく虫たちの姿を見かけるようになったので、二度目の子育てに間に合うでしょうか。

単独で来たヒガラ

 

カテゴリ:


高原は早や秋の気配

2013年8月11日 20:20

 

2018.JPG

 

高原にも毎日極暑の波が押し寄せ、今日の気温は、今年最高の28℃を記録しました。

まだまだ暑さは続くようですが、あたりは早くも秋の気配が漂っています。

 

2022.JPG

 

ススキは穂を出し、麦草峠の野草園にもシモツケ草のピンクの花、黄色いアキノキリンソウが咲いています。

 

カテゴリ:


久しぶり日の出が見られた

2013年8月 7日 18:11

 

2013-08-07 002.JPG

 

いつまでもはっきりしない天気が続いたこの夏、昨夜の土砂降りが、一転、雲ひとつない夜明けに、久しぶりの日の出が見られた。

 

2013-08-07 014.JPG

 

雨上がりの朝は、ふもとを蔽う雲海がきれいだ。

 

カテゴリ:


アオバトが姿を見せました

2013年8月 4日 20:19

 

2013-07-22 005-1.jpg

 

先日来山の奥のほうから「ブォゥ~、ブォ~」とかすかな鳴き声だけで、姿を見せなかったアオバト、ようやく土田さんの協力に寄ってその姿を見ることが出来ました。

写真 土田氏撮影

2013-07-22 001-1.jpg

 

朝日を受けて

 

カテゴリ:


ウソとソウシチョウのヒナ

2013年8月 2日 19:46

 

2013-07-22 003.JPG

 

いともの年なら10数羽のヒナが親と共に来るウソも、今年は、親は7~8羽寄ってくるが、ヒナはたったの2羽ほど、繁殖がうまくいかなかったようです。

 

 

2013-07-22 02-1.jpg

 

一方、かごぬけ鳥のソウシチョウが、こんな標高の高い高原で、繁殖に成功したらしく5羽ほどが群れていた。

 

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る