2014年4月

高原に夏鳥たちが続々と

2014年4月28日 12:09
2014-04-28 004.JPG

 

夏鳥たちがぞくぞくとやって来ています。

25日のオオルリ、コサメビタキ、サンショウクイ、カヤクグリに続いてキビタキ、を確認しました。

高原は、いよいよ夏鳥たちの楽園となってきました。

キビタキ

2014-04-28 010.JPG

 

サンショウクイ

2013-05-03 041-1.jpg

 

オオルリ

 

カテゴリ:


久しぶり窓辺にオオアカゲラ現れる

2014年4月28日 11:50
2014-04-25 001.JPGのサムネール画像

 

20Mほど離れた枯れ草の中に、ごそごそと動くちょっと大きめな鳥、カメラを向けるとたちまち飛びあがり、なんとかレンズに入ってくれた。なんと年に2.3回ほどしか現れないオオアカゲラでした。

2014-04-26 019.JPG

 

アカハラもペアーになった

 

カテゴリ:


G・W 特別バードウォッチング

2014年4月26日 16:33

渡ってきたばかりのオオルリ、サンショウクイ、コルリ、などの夏鳥を追いかけます。

今回は、日本野鳥の会軽井沢支部の方にガイドをお願いしましたので、初心者にもやさしくリードいたします.

 ご家族でご参加ください。

 

  実 施 日   5月4日、5日、6日

  時   間   5時30分~8時30分

  参 加 費   1人    500円

   双眼鏡はレンタルもありますが数が少ないので、

    出来ればお持ちください。

詳しくは、山荘までお問い合わせください。

 

 

2013-05-04 004-1.jpg 2013-05-03 033-1.jpg
        探鳥会風景             飛翔するオオルリ

 

カテゴリ:


ユーモアたっぷりなアナグマ

2014年4月26日 16:18
2014-04-24 005-1.jpg

 

親離れしたしたばかりのアナグマの子が、今年も窓辺のバードレストランのお客様になった。

怖さ知らずの子供は、障子を開けても食べるのに忙しい。

2014-04-24 001.JPG

さすがにフラッシュの光には、びっくり、あわてて逃げようとするけど、彼は、犬と同じで手足の爪がネコの様に引っ込まないから、木登りはまるで苦手です。特に下りはあたまから下りるのですが、大きなお尻が邪魔してなかなか下りられません。

そのユーモアたっぷりな姿に思わずお尻をピシャリとイジワル

 

カテゴリ:


コマドリが来た

2014年4月25日 14:42
2014-04-24 012-1.jpg

 

例年より1週間ほど遅れてコマドリがレイの場所に姿を現した。

まだ沢山の残雪にとまどっているようです。

2014-04-24 026-1.jpg

 

 

カテゴリ:


今日の白駒の池

2014年4月24日 20:59
2014-04-24 002.JPG

 

永らく冬季閉鎖中であったR22号線は本日開通しました。

早速白駒の池へ雪の感触を確かめに。

道路には全く雪はなく、快適に走れます。

池への入り口は、ご覧のようにステップをきらなければ登れないくらいの残雪に覆われ冬山の気分です。

2014-04-24 013.JPG

 

池はまだすっかり雪に覆われ白一色、シーンと静まり返っています。

2014-04-24 018.JPG

 

ようやく、スノーシューを楽しんでいるご夫婦にあいほっとさせられました。

今年は、残雪が多いので、入山するときにはアイゼン、スノーシューを持っていかれると歩き易いでしょう。

 

カテゴリ:


ふもとの桜は満開

2014年4月22日 10:50
2014-04-21 001.JPG

 

佐久市臼田の新海三社神社

臼田田口に在する山かい三社は、古くから佐久3庄36郷の総社としてまた武神として崇敬あつく、源頼朝による社殿再興の口碑、武田信玄の戦勝祈願文など奉納されている。

 

2014-04-21 005.JPG

 

臼田の稲荷山の桜

 

 

写真下  新海三社の三重塔 1515年作といわれている 重要文化財に指定され、その重厚な造りは一見に値します。

2014-04-21 003-1.jpg

カテゴリ:


高原に春を告げるツール・ド・八ヶ岳

2014年4月21日 21:15
2014-04-20 004.JPG

 

昨20日八千穂高原に春を告げる第28回ツール・ド・八ヶ岳自転車レースが行われました。

国道229号線標高約700Mから2127Mの麦草峠までの約25KMを走り抜ける過酷なレースに約1300名が挑戦しました。

 

2014-04-20 014.JPG

 

遠藤には、参加選手の家族や地元の住民が多数声援を送り、中間地点では、地元太鼓クラブの応援もありレースを盛り上げていました。

2014-04-20 010.JPG

 

閉会式は、まだ沢山雪の残ったスキーゲレンデで行われ、選手たちは、早春の高原の雰囲気を満喫し無事終了しました。

 

カテゴリ:


再び八岳の滝の虹

2014年4月17日 08:28

2014-04-14 006.JPG

日当たりのよくなった八岳の滝

今の時期、日の出から1時間ほどの午前7時ころから日が射し込み、滝上部から順次虹が発生している。

豊富な残雪に水量は豊富、豪快な虹が見られます。


窓辺のバードレストランにアオジが来た

2014年4月12日 21:17
2014-04-12 006.JPG

 

ルリビタキに続いて窓辺のバードレストランには、アオジが姿を見せ、冬の間ウソやイカル、カラたちが食べ散らかしたヒマワリの殻をついばんだりして、あちらこちらと餌をあさっている。

2014-04-12 010.JPG

 

ルリビタキは、窓辺からちょっと離れた小枝から枝へとオス、メス4,5羽がひながペア選びに興じている。

カラたちの巣箱選びも始まって、いよいよ鳥たちの恋の季節が近づいてきた。

 

カテゴリ:


ルリビタキが帰ってきた

2014年4月 9日 16:08
2014-04-09 007.JPG

 

里から上がってくる夏鳥は、今年も一番はルリビタキ、今年もよろしくとばかり、窓辺のバードレストラン周辺をメスと飛び交いながら飛び去った。

そのあと、ウグイスの幼い初さえづりも聞こえてきた。

2014-04-09 002.JPG

 

駒出池では、柔らかい陽ざしを浴びカルガモとコガモがゆったりと羽を休めている。

 

カテゴリ:


ヤマドリが3羽雪の中から飛び出してきた

2014年4月 8日 15:46
2014-04-07 006-1.jpg

 

八岳の滝に向かう途中雪の渓谷から、カワガラスがいつ飛び出してきてもいいようにカメラを構えていたが、突然大きな鳥が飛び出してきた「アッ」と思う間もなく、2本3本と矢のごとく飛び出してきた。夢中でカメラを向け直すと、運良く3羽目のヤマドリをカメラに収めることが出来た。

2014-04-08 001.JPG

 

足元の雪の上には、くっきりと山鳥の足あとが印されていた。

 

カテゴリ:


八岳の滝の虹

2014年4月 7日 16:13
2014-04-07 015-1.jpg

 

昨秋滝の左手から流れ込む大月川堰堤の工事が終わり、すっかり明るくなった滝周辺にはまだ50CMほどの残雪に覆われ脚ごしらえをしっかりとしないと足を取られそうだ。

以前より明るくなった分日の差しこみ時間が長くなり

2014-04-06 011.JPG

虹が現れる時間が増えてきそうです。

まだ雪に覆われ確認が出来ませんが、以前のような苔むした地表は望むべくもありません。

はたしてコマドリは帰って来てくれるでしょうか。

2014-04-06 010-1.jpg

 

 

 

カテゴリ:


冬に戻った一日

2014年4月 6日 15:40
2014-04-06 013-1.jpg

 

昨6日は、朝から真冬に戻ったように降りしきる雪、駐車場から見る山荘もうっすらと見えるくらいの降りかたです。

積雪約7CM最低気温マイナス7℃

 

 

2014-04-07 002-1.jpg

 

けさは、雲一つない青空に真っ赤な朝日、昨日降った雪がたちまち融けて、軒先からながーいツララが1Mほどにもなった。

 

カテゴリ:


今日は僕の日?

2014年4月 1日 18:20
20080215_07410IMG_1029-1.jpg

今日4月1日はウソ(嘘)の日、仲良くバケツの中のヒマワリを食べよう

2014-03-28 001.JPG

昨夏以来、久しぶりに窓辺のバードレストランに姿を見せたヤマガラ

 

 

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る