2014年10月

標高1100Mの紅葉

2014年10月29日 15:47
2014-10-28 005-1.jpg

 

高原の紅葉もいよいよ終わりに近づき、カラマツが名残の黄金吹雪をまき散らしています。

2014-10-28 001.JPG

 

紅葉は標高1100Mあたりまで下りてきています。

 

 

八千穂高原への道

 

カテゴリ:


換羽が終わったウソ

2014年10月24日 18:50
2014-10-16 001.JPG

 

まだ毛並みのそろわないウソの雄

2014-10-23 001.JPG

 

黒い頭の羽毛がまだらのメス

 

カテゴリ:


今が旬の紅葉

2014年10月21日 10:17
2014-10-20 004-1.jpg

 

例年より1週間ほど早く始まった今年の紅葉、

今、標高1500M当たりから1300Mの駒出池拒んぷ場あたりまでが最盛期です。

今週いっぱい楽しめそう

しらかばばやしの色取り取りの紅葉

2014-10-20 002-1.jpg

 

駒出池キャンプ場

コウチワカエデの紅、二図ミズナラなどの黄色に彩られて

2014-10-20 007-1.jpg

 

標高1800M付近のダケカンバは残り葉を秋日に輝がやいています。

 

カテゴリ:


初霜

2014年10月18日 16:33
  2014-10-16 022-1.jpg

 

今秋は自滅の氷点下を記録した今朝、初霜で残り葉は最後の化粧

2014-10-16 016.JPG

 

日の出とともにはかなく消えた。

 

カテゴリ:


標高2千㍍付近の黄葉

2014年10月15日 18:09
2014-10-14 004-1.jpg

 

台風19号の影響も少なく、高原の紅葉は今が盛り、標高2千メートル辺りまで全山のカラマツ林を黄金色に染め秋の深まりを感じさせています。

2014-10-14 001.JPG

 

麦草峠付近のダケカンバはすでに多くの葉を落とし,残り葉が夕日に照らされて金色に輝いてみえる。

 

カテゴリ:


時を忘れる高原の秋

2014年10月13日 15:41
2014-10-12 001.JPG

 

雑木林の黄葉も美しい

2014-10-12 006.JPG

 

抜けるような青空、白樺の白い肌、そしてカエデの紅が際立つ

2014-10-12 010.JPG

 

秋空を映した八千穂レイクの鏡のような湖面、この時期の高原は時のたつことを忘れさせます

 

カテゴリ:


窓辺のバードレストランに居付いたクロジ

2014年10月11日 20:04
2014-10-08 003-1.jpg

 

すっかりなじんでしまったクロジの幼鳥

もう、かれこれ1ヶ月位姿を見せています

少しくらいの音がしても全く動じる気配なし、このまま越冬する気でしょうか

2014-10-08 006-1.jpg  

 

カテゴリ:


高原の皆既月食

2014年10月 9日 16:07
  2014-10-08 009-1.jpg  

10月8日の皆既月食  寸前まで雲にかくれて見られないかと思ったが、待つこと1時間、天の助けか、突然雲が切れ満天の星空、しっかりと見ることが出来ました。

この写真は、20時23分に撮影しました。

 

カテゴリ:


まだ、産毛のルリビタキ

2014年10月 7日 19:20
2014-10-06 005.JPG

 

まだ産毛が抜き切らないルリビタキ、紅く染まったレンゲツツジの葉陰を、あちらこちらと飛び回ってさかんに餌を探しふもとに帰る準備だ。

2014-10-07 002.JPG

 

ちょっと顔見せに

 

カテゴリ:


湖畔を彩る木々

2014年10月 4日 09:49
2014-10-02 001.JPG

 

白駒の池が、一番華やかな時。

10月13日ころまでが見られるでしょう。

間もなくなが~い雪と氷の世界が待っている。

2014-10-02 009-1.jpg

 

湖畔を彩るサラサドウダンツツジ

 

カテゴリ:


紅が混じりはじめたシラカバ林

2014年10月 2日 09:28
2014-09-30 009-1.jpg

 

黄色一色であったシラカバ林にはウチワカエデの紅が白樺の白い肌を一層引き立てる

みごとな演出

  2014-09-30 005.JPG

 

白樺の足元のレンゲツツジやいろいろな草草がいっそう、彩りを添え訪れる人たちの目を、10月下旬まで楽しませてくれます。

 

 

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る