2016年3月

本日をもってスキーシーズンは終わりました

2016年3月27日 16:31
2016.03.27  005.jpg

 

今シーズンも八千穂高原スキー場をご愛顧いただきありがとうございました。3月27日をもちまして八千穂高原スキー場の今年度の営業は終了いたしました。

また、来シーズンも、今年いじょうのご来場を八千穂山荘ともども心よりお待ち申し上げております。

    亭  主

2016.03.27  002.jpg

 

最後の雪の感触をを楽しむ人たち

 

カテゴリ:


アトリが来ました

2016年3月26日 16:14
2016-03-26 004.JPG

 

雪が少なかったせいでしょうか、窓辺に現われる冬鳥の姿が見られなく春を迎えてしまいました。今朝ようやくアトリが1羽で訪れてくれました。

2016.03.27  2018.jpg

 

キジバトは、いつもつの様につがいで高原に上がってきました。モズの姿も確認しました。早い高原の春の訪れです。

 

カテゴリ:


動物たちにも春が来た

2016年3月17日 10:07
2016-03-17 001-1.jpg

毎年この時期になると、今までは人も寝静まった夜でなければ姿を見せなかったけものたちは、乳ばなれの始まった子供たちのためであろう人目もはばからず、餌探しに懸命。

2016-03-16 009-1.jpg

テンもキツネも薄汚れた冬毛、キツネは、体中に虫がついたのか、目の前で体中をかきむしっていた。

キツネには、まだおなかに今まで子供に咥えられていたのであろう大きな乳房が見える。

2016-03-16 019-1.jpg

空には、南からかえってきたノスリが、3、4羽カラスに絡まれながら青く澄んだ春の空を優雅に飛翔している。

 

 

カテゴリ:


今朝までの降雪でゲレンデは見違えるよう

2016年3月15日 17:19
2016.03.15  002.jpg

 

先週までの雪不足がうそのように、この1週間に粉雪が約30CMの積もった。

これからが八千穂高原スキー場はパウダースノーによる春スキーが楽しめます。

2016.03.15  007.jpg

 

シュプールも新雪に鮮やかなトーレスを描く。

ゲレンデは、3月27日にクローズされてます。

終わってしまうのが惜しいくらいです。

3-1 3-2

 

カテゴリ:


夜の高原は幻想的

2016年3月12日 15:12
2016.03.11  001.jpg

 

霧に巻かれた高原は、真の闇。

外灯に照らされて白い雪をかぶった木々がは幻想的に浮かぶ。

2016.03.11  005.jpg

 

 

2016.03.12  007.jpg

 

早朝のゲレンデは白一色

 

カテゴリ:


積雪約15CMこれでゲレンデはひと安心

2016年3月11日 08:49
2016.03.10  001.jpg

 

11日現在積雪約15CMこれで今シーズン終わりまで雪の心配はなくなりそう。

ただ、気温が下がらず、湿った雪にシラカバには2度目の着雪に頭を垂れ今にも倒れそう。

2016.03.10  004.jpg

 

せっかく咲き始めたマンサクも雪をかぶってこごえそう。

2016.03.10  009.jpg

 

冷たい霧にさらされ木々の梢には張りの様な霧氷がきれいだ。

 

カテゴリ:


虫たちも眠りから覚めた

2016年3月 8日 11:24
2016.03.08  2018.jpg

里の啓蟄がすぎたばかりというのに、高原の虫も残雪の上に姿を現した。

ヤマアカアリのメスと思われる虫が巣立って新しい女王アリになるため残雪の上を旅立っているようだ。

 

2016.03.08  019.jpg

 

名も知れぬ小さな蜘蛛が雪の上をあわただしく徘徊をしていた。

 

カテゴリ:


高原に1ヶ月も早く春がやってきた

2016年3月 8日 10:11
 
2016-03-07 001.JPGのサムネール画像

例年ならまだ一面の雪景色の時期ですが、今年は、すっかり雪が融け寒々とした景色。

そんな中で1ヶ月ほども早くマンサクの花が咲きだし目を慰めてくれています。

2016.03.07  007.jpgのサムネール画像

 

標高約1100M辺りは先日の雨氷出あちらこちらと枝を裂かれ、幹を折られた木々が点々と見られひときわ目立ちます。

2016.03.08  015.jpgのサムネール画像

昨日、今日と最低気温が、氷点下にならず凍結しない山荘の庭には、早くもフキノトウが顔を出し、

 

 

2016.03.08  011.jpgのサムネール画像

 

軒下にはセイヨウタンポポやジバシリの葉が勢いを取り戻し日の光を浴びています。

 

   
   
   

 

カテゴリ:


窓辺のバードレストランに来る鳥たち

2016年3月 4日 17:03
2016-03-01 005.JPG

 

肉の好きなエナガとコガラ 

残念ながら肉は夜のうちにテンに先を越されてしまっていた    

2016-03-04 002.JPG

 

ヒマワリではお口に合わないかたまにしか来ないホオジロ

2016-03-01 012.JPG

 

人なつこいヒガラ

2016-02-18 001.JPG

 

ウソはいつでも窓辺に十数羽来ている

2016-03-01 010.JPG

 

唯一来てくれる冬鳥のシメ

 

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る