2016年5月

雨上がりの朝、ゆく春を惜しむ

2016年5月31日 19:35
2016-05-30 031.JPG

 

久しぶりに高原の春の終わりを告げるようなシトシトと降る小雨、一日じゅう高原を乳白色に染めた霧、これが高原の草や木々を深い緑に成長させる。

そして、日の出とともに紺碧な空の下白く波打つ雲海の先には、くっきりと山々が浮かび上がる。

2016-05-30 040.JPG

 

一段と緑の濃くなったカラマツの枝先ではカッコウが声を張り上げ初夏の到来を告げている。

 

カテゴリ:


霧の白樺林

2016年5月30日 19:14
2016-05-30 008-1.jpg

 

この時期の白樺林には、霧が似合う。

乳白色が漂うしっとりと静かな時が流れるなか、レンゲツツジの鮮やかなオレンジ色、白く浮き出た白樺の幹が幽玄の世界に引き込まれそうな幻想を呼ぶ。

2016-05-30 014-1.jpg

 

6月半ばまでが見頃でしょう。

 

カテゴリ:


山荘の周りは山野草の花がいっぱい

2016年5月30日 10:46
2016.05.29  006.jpg 2016.05.29  012.jpg
5年ほど前に1株頂いたヤツガタケサクラソウがたくさん増えました アマドコロが群せいに小さなチゴユリも下の方に見える
2016.05.29  003.jpg 2016.05.29  016.jpg

あちらこちらで花を咲かせているギンラン
ずいぶんと増えました

気候の関係で花の数は少ないが鮮やかな色彩を見せているクリンソウ
2016.05.29  014.jpg 2016.05.29  008.jpg

草の背丈が伸びないので生き生きと花を  白い花を咲かせた

咲かせたスズラン                  八ヶ岳サクラソウ 

7,8年前から増え始めた鹿の群れは毎晩ゲレンデに30~40頭単位で現れ草原の草花を食べつくし、貴重な山野草がすっかり姿を消してしまいました。このため、山荘では少しでも自然の姿を残したいと、鹿の侵入を防ぐため、山荘の周囲に電柵やネットを張り巡らせて来ましたが、ようやく少しづつ野草の数が増えてきました。

この時期は白い花が主体ですが、これから夏から秋にかけては色とりどりの花が期待できます。

 

カテゴリ:


高原は百花繚乱

2016年5月25日 16:34
2016.05.25  008.jpg

 

高原は例年より一足早く花いっぱいになりました。

花木園の中はレンゲツツジも咲きだし、ミツバツツジと共演しています。

2016.05.25  010.jpg

 

のどかな滝の音の先にはトウゴクミツバツツジ、その奥は深ーい白樺林がつづく

2016.05.25  007.jpg

 

池の端には鮮やかな色をしたクリンソウ

今年は、花の数は少ないが色が鮮やかです。

2016.05.25  022.jpg

 

ベニバナノイチヤクソウもぼちぼちと咲きだした。

2016.05.25  016.jpg

 

ズミの真っ白い花とレンゲツツジの競演

同時に咲くのは珍しい

2016.05.25  018.jpg

 

早くも高原の花とシラカバをたづねておとづれる人々

 

カテゴリ:


囀りが少ない?

2016年5月23日 11:51
20100514_07410IMG_4378-1.jpg

 

 

今年は、あっという間に芽吹きが始まり夏が来たようで鳥たちも、囀るヒマがないのかあまり聞かれない。

でも、コマドリとアカハラは、元気よく歌っている。

2016-05-22 015-1.jpg

カッコウの声もあまり元気なく、ジュウイチも静かだ。

 

 

カテゴリ:


高原の貴婦人が清楚な姿を見せています

2016年5月20日 19:38
2016.05.20  008.jpg

 

眠りから覚めた高原の貴婦人

冬の降雪が大変少なかった上、昼夜の寒暖の差が激しい日が続いたせいか、鮮やかな色彩と花芽の多いきれいな目覚めです。

2016.05.20  006.jpg

 

レンゲツツジもれいねんより2週間も早く咲きだしました。

 

カテゴリ:


新緑いろいろ

2016年5月18日 17:53
2016.05.18  010.jpg

 

ひときわ目立つあでやかなトウゴクミツバツツジ

 

2016.05.18  013.jpg

 

清楚な姿を水面に写すズミの花

2016.05.18  002.jpg

 

想いおもいの新緑

 

カテゴリ:


眠りから覚め始めた高原の貴婦人

2016年5月14日 10:54
  2016.05.14  026.jpg

 

高原の貴婦人と言われている白樺林の中の銘木トウゴクミツバツツジも、長い冬の眠りから覚め始めた。

枝の先から、薄紫の蕾が顔を出し、時の来るのを今や遅しと待っています。

来週後半が見頃ではないでしょうか。

  2016.05.14  022.jpg

ひと足先に咲きだしたシラカバ林の中のミツバツツジ

 

 

カテゴリ:


車の中から

2016年5月12日 20:01
2016-05-12 006-1.jpg

 

この時期朝早くドライブするのは楽しい。朝のちょっと肌寒い風にさらされながら窓を開けゆっくりと走らせれば、小鳥たちの賑やかな歌声、パッと飛び立つ小鳥に思わずブレーキを踏めば、がけを登るヤマドリ。

  2016-05-10 007.JPG

 

崩れた土手に朝の食事を探すクロジ。

2016-05-12 002.JPG

 

朝つゆにぬれた道路端で餌をついばむアカハラ。

高原の朝のドライブは、ゆっくりと新緑に包まれかけた自然の恵みをたっぷりと味わい楽しめる。

 

カテゴリ:


今年のツツジ類の開花は早そう

2016年5月 8日 17:13
2016-05-08 010-1.jpg

 

暑かったり、寒かったりの日が続くこの春、どうやらツツジたちの開花は始まった。

 

 

2016-05-08 009.JPG 標高1200メートル付近のヤマツツジは、真っ赤なつぼみを見せて今にも咲きそう。
2016-05-08 003.JPG

 

白樺林の中のミツバツツジも、膨らみはじめ赤紫の肌を見せて出番を待っている。

来週あたりから咲きだしそうだ。

 

カテゴリ:


穏やかな端午の節句

2016年5月 5日 17:31
2016-05-05 031.JPG

 

穏やかな日を浴びて渡ってきたばかりのコサメビタキも枝の上で一息

 

 

2016-05-05 021-1.jpg

 

ウグイスは紺碧の空に向かって高らかに「ホーホケキョ」

2016-05-05 035-1.jpg

 

「キョッ、キョッキョッ」と樹から樹へと飛びまわるアカゲラ

 

カテゴリ:


新緑は高原にも

2016年5月 5日 17:11
2016-05-05 027-1.jpg

 

10日ほども早く高原に春が届いた。

八千穂レイク湖畔のヤマザクラが満開に

2016-05-05 026.JPG

 

白樺林も萌えるような芽吹きが始まった。

 

カテゴリ:


陽気にさそわれて

2016年5月 3日 20:44
2016-05-03 007-1.jpg

 

巣材を咥え忙しく飛びまわるエナガ

この辺では、営巣するのが一番早いエナガ

2016-05-03 010.JPG

 

咲きだしたヤマザクラとヒガラ

2016-05-03 021.JPG

 

麦草峠の草原で餌をねらうホシガラス

 

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る