2016年6月

つゆの渓谷

2016年6月28日 16:44
_MG_7284.JPG

 

大石川にて

_MG_7306.JPG

 

八岳の滝

 

カテゴリ:


山荘にかわいいお客様

2016年6月25日 15:26
IMG_1167.JPG

 

乾燥室に小さなネズミが突然に現れた人間にびっくりしたのか、うずくまってしまい逃げようともせずただ震えているだけなので、ひょいっと捕まえて近くにあった空きパックに保護、しばらく落ち着かせてからヒマワリの種を与えると手に取って噛みに始めた。

IMG_1170.JPG

が、まだ噛みきれないので、そのまま庭に放してやりました。

しばらくうずくまっていたがそのままにしていたらいつの間にか姿を消していった。

ハタケネズミの幼児であったようです。

 

カテゴリ:


カッコウとホトトギス

2016年6月20日 20:53
2016-06-18 006.JPG

 

梅雨の晴れ間に高らかに歌うカッコウ

  _MG_7248.JPG

 

梅雨の夕暮れ「トッキョキョカキョク」とさえずるホトトギス。夕暮れでないと姿を現さない

 

カテゴリ:


蝶の飛来が少ない

2016年6月15日 11:17
2016.06.12  031 ウスバシロチョウ.jpg

 

今年は、草花の花の付きが少なく、形も小さいからか蝶の出現がごくわずか。

写真のウスバシロチョウのほか、アサギマダラが1頭、のほかヒョウモンチョウ系が4,5頭出現したのみ

2016.06.06  030 ウスバシロチョウ.jpg  

 

カテゴリ:


こそだてに懸命な鳥たち

2016年6月 9日 14:52
サンショウクイ2016-06-08 004.jpg

 

ヒナに餌を与え再び虫を探しに向かうサンショウクイ

太い木の枝に樹のこぶのような浅いお椀型の巣を作る。

2016-06-08 033.JPG オオルリも口に餌を咥えあたりを警戒してまずは枝にとまる。
ヒヨドリ2016-06-08 010.jpg

 

あいかわらず、あたりかまわず大きな鳴き声を発しながら、餌をもちかえるヒヨドリ。

 

カテゴリ:


ノビタキとホオジロ

2016年6月 7日 17:57
2016-06-05 009.JPG

 

あまり姿を見せないノビタキが、広い牧場でさえずっている。

2016-05-30 045.JPG

 

毎年春が来ると一番に囀るホオジロが、今年はなぜか見られなかったが、やっと枝先に来はじめた。

 

カテゴリ:


無残、シジュウガラの遭難

2016年6月 4日 19:38
2016-06-04 001.JPG

昨日まで順調に子育てをしていたシジュウカラ、今朝見ると巣箱の入り口が何者かに大きく齧られ親子とも行方不明となってしまいました。

今年は、付近にモズの姿もなく、安心して子育てに専念できるかと思っていましたが、多分テンの仕業ではないかと思われる。

 

2016-06-04 006.JPG

 

いま一つのシジュウガラ、こちらは、何事もなかったように雄雌交代で3~4分の一回位の間隔で給餌に余念がありません。

が、何か防御の方法を考えてやらねばなりません。

 

カテゴリ:


高原に猿が出た

2016年6月 2日 09:56
2016-05-30 026-1.jpg

 

早朝の県道松原湖線道端に変な塊、落石かな?と思って近づくとむっくりと起き上がってノコノコト歩き始めたサル。気がつかれる前にと撮った証拠写真。すぐに気がついた彼は一目散山の中に姿を消してしまった。

きっとはぐれ猿なのであろう。

   

 

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る