2016年8月

台風一過久しぶりの快晴

2016年8月31日 17:06
IMG_0008 (1).JPG

 

いつまでも梅雨のような降るや降らずやの鬱陶しい日が続いたこの夏、ウロウロして、各地に大雨の被害をまき散らせていた台風10号が通り過ぎて、今日は朝からの快晴。

ようやく夏が戻ってきたが、最低気温はすっかり秋の気配。

IMG_0002 (3).JPG

 

10度ちょうどを指して今夏最低を記録した。

 

カテゴリ:


白駒の池に くる秋、ゆく夏を楽しむ

2016年8月27日 09:49
2016.08.26   _MG_7526.JPG

 

極暑の続く下界をよそに雨と霧の多かった北八に早くも湖畔の木々に静かに秋の色が忍び寄ってきた。

2016.08.26  IMG_7514.JPG

 

残り少なくなった夏休みを静かな湖水に舟を浮かべ名残惜しむ家族ずれ

 

カテゴリ:


ミヤマモジズリとモジズリ

2016年8月25日 10:31
2016.08.23  IMG_0013 (1).JPG

 

標高2000Mあたりが生息地と思われたミヤマモジズリが1600M付近のゲレンデわきに咲いていた。

普段見るモジズリはネジリバナとも言われ長い茎にねじれてついているが、こちらはおおむね直線的に咲き、花弁が大きい。

2016.08.23  IMG_0015.JPG

 

こちらは普段見慣れているモジズリ

 

カテゴリ:


ここにも秋が

2016年8月23日 10:47
2016.08.23  IMG_0008 (1).JPG

昨日の冷たい雨に早くもカラマツ林のキノコの王子リコボウ(本名ハナイグチ)が顔を出した。

毎年8月終わりごろ2,3日突然に現れその後ぱったりと出なくなり、9月中頃から本格的にキノコのシーズンになります。

カテゴリ:


高原は秋の気配

2016年8月23日 10:17
2016.08.23  IMG_0012 (2).JPG

 

秋の気配は突然にやってくる。

機能の最高気温は18度、関東地方を通過した台風の余波の降雨が涼しさを運んできたようだ。

草原には秋の象徴ともいえるアキノキリンソウが満開だ。

2016.08.23  IMG_0016.JPG

 

ヤチアザミの蜜を吸うヒメシロチョウ

 

カテゴリ:


小さな秋見つけた

2016年8月20日 20:57
2016.08.20  IMG_0006 (1).JPG

 

巷では、まだ極暑の続く日々ですが、高原のすがすがしい夏の日が少なかった山では早くも秋の気配、

深山桜の枝先の葉が真っ赤に染まっている。

病葉なのであろうか、他の枝に先駆けて紅葉しているようだ。

IMG_0003 (2).JPG

 

シラカバの黄葉も早い、例年9月初めに一部の葉が黄葉し始めるが、それにしても今年は早い。

本格的に紅葉が始まるのは10月中旬だ。

 

カテゴリ:


水涼の高原

2016年8月16日 10:14
2016.08.15  IMG_0001 (2).JPG

 

八岳の滝

今の時期7時から9時ごろまで虹が現れる

2016.08.15  IMG_7506.JPG

 

駒出池キャンプ場にて

 

カテゴリ:


花々は今が先途と

2016年8月15日 09:52
2016.08,15   IMG_7501.JPG

 

アサギマダラなど蝶たちの格好な吸密花、マルバダケブキとレンゲショウマ

2016.08.15  IMG_7500 (2).JPG

 

若葉はトドキと呼ばれ、東北地方では好まれて食される山菜、この辺ではシカの食害にあって大変貴重な草花になってしまったツリガネニンジン

山荘の庭では群生するようになってきた。

2016.08.16  IMG_0008.JPG フジバカマの花に集まるアサギマダラ
   

 

カテゴリ:


木陰にはヒナが飛び交う

2016年8月10日 15:29
2016.08.10  _MG_7494.JPG

 

コサメビタキのヒナ

_MG_7492.JPG

 

木陰に飛び交うヒナたち

 

カテゴリ:


夏真っ盛りの白駒の池

2016年8月 8日 11:47
2016.08.08  IMG_0008.JPG

 

すっきりとした日の少なかったこの夏、ようやく真夏らしいからりとした日差しが戻ってきた。

都会では、極暑が続いているようだがここは別天地、最高気温も23~4度原生林を駆け抜ける風は心地よく頬を通り過ぎる。

 

2016.08.08  _MG_7491.JPG

 

水面に映える濃緑な木立も光り輝いて見える、

 

カテゴリ:


クロジのヒナを救助した

2016年8月 6日 16:27
IMG_0017 (2).JPGガラス窓に衝突して失神していたクロジ、うずくまってはいたがまだ脈がありそうなので、窓辺のバードレストランに保護、割り箸の先で水を与えたところ、無事回復しばらくして飛び去って行った。  めでたし!ヒナのようでした。

カテゴリ:


霧の白駒の池

2016年8月 4日 20:31
 
2016.08.03  _MG_7487.JPG

 

朝霧に包まれた原生林に神秘な一条の光が

林の奥からは、何やら妖精が現れそうだ。

 

2016.08.04   _MG_7489.JPG

 

さっと拭われた深い霧の中に突然と現れた水面は、まぶしく光り輝く。

 

 

カテゴリ:


種類も数も少なくなってしまった蝶々

2016年8月 3日 18:01
2016.08.02  _MG_7472.JPG

年々少なくなってゆく蝶たち、数だけでなく種類もめっきり減ってしまったことはどうしたことでしょうか。

高原のゲレンデには、シカの食害が続き、この春には、シカも食べる草の芽がなくなってしまったのか、

2016.08.02  _MG_7464.JPG

早くに雪の消えた後の柔らかい地面を掘って草の根まで食べてしまったようだ。

このためシカの食べないイネ科の植物やわらび、など限られたものしか見当たらない。

2016.08.02_MG_7449.JPG

さらに、降雪が少なかったため地生え植物のすみれ類やマメ科、サイシンなどが、少なかったのが影響しているようです。

写真上から、

アサギマダラ、モンキチョウ、ウラギンスジヒョウモン

2016.08.02  _MG_7453.JPG

 

アキアカネ

 

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る