2016年10月

蔓に捕らえられたシカ

2016年10月31日 12:17
2016.10.30   DSCN0138.JPG

 

山道を下ってカーブに差し掛かった時、大きな黒い尻が目に入った、と、何やら頭を中心にぐるぐる回っているではないか!大きなシカです。

車が来てビックリ大きな角を蔓に絡まれてしまったのです。

2016.10.30   DSCN0138-2.JPGのサムネール画像

 

シッテンバットウ、カメラを近づけると狂ったように暴れてその目は、恐怖におびえ、角は折れんばかりに、食い込み手のつけようもなかった。

DSCN0137.JPG

 

車に戻るとつるはすぐに解け慌てて山に戻っていった。

 

カテゴリ:


すっかり落葉した白駒の池

2016年10月27日 16:36
DSCN0087.JPG

 

すっかり落葉してしまった定点観測地からの白駒の池。

秋の日差しが湖面にまぶしい

DSCN0088.JPG

来春まで静かな湖畔に戻って眠りが待っている。

 

カテゴリ:


客室から見る日の出

2016年10月25日 10:28
2016.10.25  IMG_7871.JPG

 

今の時期、客室から日の出が見られる

日の出前の朝焼け、天気予報では今日は午後から天気が崩れるそうだ。

2016.10.25  IMG_7876.JPG

 

日の出

 

カテゴリ:


窓辺のバードレストランにヤマシギが来た

2016年10月24日 09:59
2016.10.24  _MG_7896.JPG

 

3,4日前から窓辺のバードレストランに下に窓を開けるたびに大きな茶色の鳥がバタ、バタ、バタと大きな音を立て飛び去る鳥があり、キジバトにしては変だなと思っていたところ、今朝、藪の中から地面を突っつきながら姿を現したのはなんとヤマシギ

2016.10.24   _MG_7906.JPG

 

しばらくヒマワリの種の殻の腐食で、肥えた土の中に住む虫たちをついばみゆっくりと姿を見せていた。

しばらく来てくれそう

 

カテゴリ:


紅の高原

2016年10月22日 20:56
IMG_0091.JPG

 

高原のくれない3題

IMG_0092.JPG  
IMG_0090.JPG            

 

カテゴリ:


晩秋の白駒の池

2016年10月21日 09:46
2016.10.19  IMG_0081.JPG

 

日照不足でいまいち美しさに欠けた湖畔の紅葉だったが、その分長い間人の目を楽しませてくれた。

2016.10.20  IMG_7860.JPG

 

ダケカンバノ黄葉はすっかりと落ち湖畔に静かな影を落としている

2016.10.19  IMG_0080.JPG

 

静けさを取り戻しつつある水面に光り輝く晩秋の足音

 

カテゴリ:


駒出池の紅葉

2016年10月19日 10:12
2016.10.19  IMG_0078.JPG

 

駒出池の紅葉は今が真っ盛り

人気のない湖畔に映し出される様々な色合いは神秘的だ。

2016.10.19  IMG_0075.JPG  

 

カテゴリ:


八千穂高原も紅葉の盛り

2016年10月18日 12:05
IMG_0066.JPG

 

山荘の周りのサラサドウダンツツジも紅さを増してきた。これから晴天が続くとの予想に例年通りの紅葉が見られそう。

IMG_0070.JPG

 

黄色く染まったミズナラの中、紅いツタウルシが一段と鮮やかに見える

 

カテゴリ:


初霜

2016年10月15日 11:51
2016.10.15  IMG_7835.JPG

 

きりりっと晴れた昨夜の気持ち良い月夜に今朝はゲレンデ一面に真っ白に霜が降りた。

これでようやく例年通りの秋が来た。

2016.10.15  IMG_0063.JPG

 

まだ枯れきれない草の葉に霜がきれいなお化粧を施してくれた

 


八千穂高原の紅葉

2016年10月14日 11:27
IMG_0050.JPG

 

例年よりだいぶ遅れて高原の紅葉が始まりました。

日照時間が少なかったため色づきはいまいちですが、昨日からの冷え込みで何とか持ち直したようです。

IMG_0053.JPG

 

 

高原に秋の空と雲を持ってきてくれましあた。

IMG_7826.JPG

 

カエデも色づき始め白樺林もあでやかに

IMG_0056.JPG

 

秋の日差しにススキの穂が輝いています。

 

カテゴリ:


鳥たちにも秋深まる

2016年10月13日 14:17
_MG_7809.JPG

 

秋も深まってくると今まで渓谷にいたミソサザイは、餌を求めて薄暗い軒下に来る。

今日は、立てかけてあった竹ぼうきをついばんで餌を見つけていた。

_MG_7819.JPG

 

霧の中まだ産毛の抜けきらない幼鳥が下界に下りる準備をしている。

この時期、鳥たちは冬を迎える準備に忙しい。

 

カテゴリ:


キビタキも山を下りるあいさつに?

2016年10月11日 11:02
2016.10.11   _MG_7786.JPG

 

春からきれいな声で高原中を賑やかに楽しませてくれたキビタキも里に下りる前の挨拶?に来てくれた。

 

 

_MG_7777.JPG

 

ルリビタキの幼鳥も霧の彼方からご挨拶?たちまち去って行ってしまった。

 

カテゴリ:


霧が晴れた朝

2016年10月10日 10:26
2016.10.11   _MG_7775.JPG

 

深い霧に包まれていた草原が一瞬切れ、一本刈り残された草が、きらり光った。

_MG_7771 (2).JPG

 

まだ青々とした芝草に無数の珠玉の球が

 

カテゴリ:


八千穂高原の紅葉

2016年10月 8日 20:42
2016.10.8   IMG_0042.JPG

 

標高1900M付近まで降りてきた紅葉も日照不足と昼夜の気温差の少なさでなかなか紅く色づかないでいる。

2016.10.08  IMG_0043.JPG

 

こちらは、1600M付近のサラサドウダンツツジ、昨夜に冷え込みにわずかに色づいてきた。

 

カテゴリ:


八千穂高原にも秋が下りてきた

2016年10月 6日 20:47
2016.10.04   IMG_0026.JPG

 

だらだらと長く続いた秋の長雨も台風一過ようやくの秋晴れ、真っ赤に熟れたナナカマドにもちょっと遅れた紅葉が始まった。

2016.10.06  _MG_7759.JPG

 

ひと夏を涼しげな鳴き声を聞かせてくれたメボソムシクイも里へと戻り始めた。

 

カテゴリ:


今日の白駒の池

2016年10月 2日 21:02
IMG_0015.JPG

 

定点観測地から今日の白駒の池

IMG_0020.JPG

 

日照不足は紅葉をにも大きく影響して、いまいち鮮やかさが足りません。

IMG_0012.JPG

 

それでも人々は、美しさを求めて湖畔へと歩を進めます。

IMG_0017.JPG

 

これから、明るい太陽の日差しと、朝の冷え込みを願うばかりです。

 

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る