2017年4月

雪解水を装った滝姫

2017年4月27日 09:28
DSCN0989 (2).JPG雪解け水を滝巾いっぱいに広げ、虹の模様をあしらった純白のドレスをまとった山の妖精の踊る姿。

カテゴリ:


オオルリ、キビタキもやってきた

2017年4月24日 16:55
_MG_8127.JPG

 

今年初めてのオオルリは、真っ黒に近い濃紺、霜柱の立つ高原に、低空を飛び回り散々じらされたあとようやく目の前でさえずってくれた。

IMG_8104.JPG

 

こちらも初お目見えのキビタキ、どちらもついたばかりなのか、落ち着きのない小さなさえずり声

 

カテゴリ:


コマドリが来た

2017年4月21日 18:38
_MG_8067.JPG

 

コマドリ始め夏鳥たちが続々とやってきた。

早速高らかにさえずるコマドリ

_MG_8048.JPG

 

アカハラも、雪解けの地面で採餌する。

 

カテゴリ:


雪と氷の白駒の池へ

2017年4月21日 18:00
2017-04-21 001.JPG

冬の間閉鎖されていたR299号線が開通しました。

白駒の池への道はまだまだ深い雪に閉ざされ、積雪は入り口付近で2メートル以上あります。

行かれる方は、雪が腐ってずっぽりともぐることもありますので登山靴や濡れてもよい装備でお越しください。

 

2017-04-21 008.JPG

 

高見石など山に登られる方は、足の装備はもちろん、冬山登山の服装と、スノーシュー、アイゼンなどで完全装備でお入りください。

 

2017-04-21 014.JPG

 

白駒の池はまだ完全に氷におおわれています。

2017-04-21 026.JPG

 

R299号線は、除雪が行き届いていますが、まだ降雪があるかもしれません。

天気予報に注意して楽しいレジャーライフにしてください。

峠を越えてきたライダーグループ、麦草ヒュッテにて

 

カテゴリ:


紺碧の空を独り占め

2017年4月16日 18:18
DSCN0973 (2).JPG

 

久しぶりの紺碧の空を悠々と飛翔するオオタカ

DSCN0975 (2).JPG  

 

カテゴリ:


ルリビタキが高原に帰ってきた

2017年4月14日 18:01
2017-04-13 005.JPG

 

雪解けの高原に春を告げる鳥たちが帰ってきた。

残雪の梢でさえづるルリビタキは物悲しく聞こえる。

ウグイスは、笹薮で「チ、チチ」と幼い声でささやき始めた。

DSCN0984.JPG

 

麓にいたイカルとシメは、争うように窓辺のバードレストランを占領、コガラやウソを追い出してしまった。

 

カテゴリ:


八岳の滝とキセキレイ

2017年4月12日 17:19
2017-04-12 003.JPG

 

雪解け水を激しく落下させる滝口、

ほとばしる水勢に圧倒される。

2017-04-12 004.JPG

 

滝脇では、キセキレイが盛んに縄張りを確保している。

2017-04-12 005.JPG

 

いい巣穴が見つかったようだ。

 

カテゴリ:


山の春は遠からじ

2017年4月11日 17:34
DSCN0961.JPG

 

今日は、朝から時ならぬ雪に見舞われ、一面シャーベット状の湿った雪に覆われた。

 

DSCN0960.JPG

 

アカゲラも雪だらけで、普段は食べないヒマワリを無心についばんでいた。

 

カテゴリ:


窓辺のバードレストランにも春が来た。

2017年4月 8日 18:28
2017-04-08 011.JPG

 

窓辺のバードレストランの4月初旬は冬鳥と夏鳥(モズも高原では夏鳥)の双方が見られる。

今年は,モズが一番乗り。

2017-04-08 003.JPG

 

冬鳥たちは、残雪の消え始めて今頃から窓辺のバードレストランのお客となる。

これからは、いろいろな鳥が群れてやってくるようになる。

 

カテゴリ:


今シーズン最高の積雪

2017年4月 2日 20:56
DSCN0927.JPG

スキー場の営業が終了した

26日の翌日から今日までの1週間毎日雪空の連続、

1週間毎日雪空の連続、ついに新雪は40センチと

今季最高の積雪となった。

DSCN0926 (2).JPG

 

春の日差しにキラキラ光る新雪

DSCN0928.JPG

   
   

新雪に残るスノーシューのトーレス

 
DSCN0938.JPG

 

キツネの足あともクッキリと

 

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る