2017年8月

小鳥たちのヒナが旅立ち始めました

2017年8月30日 10:27
_MG_8488.JPG

キビタキ

_MG_8485.JPG

キビタキ

_MG_8477.JPG

メボソムシクイ

_MG_8471.JPG

コサメビタキ

_MG_8495.JPG

コゲラ

_MG_8494.JPG

シジュウカラ

 

カテゴリ:


久し振りの夕焼け

2017年8月29日 17:34
DSCN1438.JPG

 

この夏初めての素晴らしい夕焼雲、5月以来かしら?真っ赤に染まった雲にしばし我を忘れるようだ。

DSCN1437.JPG

 

明日の好天を予感される。

DSCN1439.JPG

 

折から、中空には、ちょうど半月がくっきりと浮かんでいた。

 

カテゴリ:


窓辺のバードレストランに続々と戻ってきました

2017年8月28日 19:23
_MG_8462.JPG

 

相変わらず精悍な姿で2羽、3羽と若い世代を連れて戻ってきたゴジュウガラ

_MG_8451.JPG

 

こちらも家族連れで姿を現したアカゲラ。

 

カテゴリ:


水浴び

2017年8月27日 20:34
_MG_8454.JPG

 

ウソのヒナも暑いのか激しく水をはね水浴びに余念がない。

_MG_8452.JPG

 

猛烈な水しぶき

 

カテゴリ:


久々の日の出

2017年8月25日 18:54
DSCN1425.JPG

久々の日の出も朝焼けで終わってしまった

カテゴリ:


仲間を悼むアサギマダラ

2017年8月21日 16:56
DSCN1420 (2).JPG

 

ここ数年段々と出現数が減ってきている蝶たち、とくにアサギマダラは希少的存在になってきています。

道の真ん中、そのアサギマダラが、何やらの上でじっとしているではないか。そっと近づいても逃げもせず、見ると鳥にでも襲われたのか仲間の羽の上で、じっと吸口をあてがい労わっている様な行動をしている、

DSCN1422.JPG

その光景は、仲間の死を悲しんでいるように感じられた。

しばらくしてその場を離れるとどこからともなく4,5頭のアサギマダラガが舞い来てその周辺を長い間舞っていた。

うそのようなホントの話

 

カテゴリ:


早くも初秋のけはい

2017年8月18日 17:36
DSCN1409.JPG

 

ゲレンデの草原には久しぶりの青空にススキがたなびき、ワレモコウがにょっきりと顔を出している

  DSCN1414 (2).JPG

 

空には、雲の途切れた青空に早くもワシたちの渡り?が始まったのか、5~6羽のノスリたちが飛翔していた。

DSCN1407.JPG

 

窓辺のバードレストランには、たくさんのウソたちが食欲の秋を謳歌している。

 

カテゴリ:


今日の白駒の池

2017年8月17日 10:41

 

DSC_1213.jpg

昨日まで続いた雨もようやく上がったが、曇り空は変わらず、ようやく霧の晴れた高見石から静かな湖畔が見えた。

カテゴリ:


レンゲショウマが咲きだした

2017年8月13日 10:33
DSCN1401.JPG

 

霧雨がそぼ降るなか咲き出したレンゲショウマ

DSCN1398.JPG

 

例によって今年の花附きは少ない。

DSCN1395.JPG

 

こちらもあまり育ちが良くないが、一斉に咲きだした。

DSCN1382.JPG

 

アサギマダラが良く吸蜜するマルバダケブキ。

 

カテゴリ:


つかの間の青空

2017年8月 9日 19:46
DSCN1375.JPG

 

台風一過とはいかないこの夏、毎日どんよりしている雲が一掃されるのかと思いきや、朝の一時期強い太陽の光にほっとさせられたがたちまち雲に覆われいつもの曇天に戻ってしまった。

DSCN1376.JPG

 

熱い都会に比べれば気温の低さがせめてもの慰めか。

 

カテゴリ:


いきもの2題

2017年8月 3日 16:44
DSCN1368.JPG

 

窓辺のバードレストランに来たクロジのひな、まだ慣れていないのか、窓に衝突、幸い失神しただけでしばらく休んでいたが間もなく飛んで行った。

DSCN1373.JPG

 

こちらは、エゾハルゼミ、蜘蛛の巣にかかってしまっていたのを、蜘蛛には悪いが救助した。

 

カテゴリ:


霧、霧、霧

2017年8月 2日 17:28
DSCN1364.JPG

 

今日も朝から雲の中、太陽はどこに行ったやら

霧の山荘

DSCN1363.JPG

 

ゲレンデも

DSCN1365.JPG

 

しっとりとかすむ森

 


どんよりした空は花たちを困らせている

2017年8月 1日 16:57
DSCN1358.JPG

 

殆んど1週間以上太陽の恩恵にあずからない植物の花は色づきもままならず、クガイソウもわずかに青く色づいただけ、蝶たちも少ないそんな花で懸命に蜜を吸っている。

DSCN1355.JPG

 

花数の少ないウバユリによる蜜蜂

DSCN1319.JPG

 

さすが、ヤナギランは鮮やかにピンク色であたりをにぎわしていた。

 


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る