2017年9月

雨池に水がない

2017年9月29日 17:34
DSCN1581.JPG

 

あれ程今年は、雨が降ったのに雨池には例年の5分の1ほどの水きりない

スッカリ干上がった湖底は大きなひび割れができていた。

DSCN1586.JPG

 

なんだか湖畔の紅葉も元気がないみたいだ。

 

カテゴリ:


2017年9月29日 17:33

食欲の秋

2017年9月28日 10:06
_MG_8562.JPG

 

紅葉の進むナナカマドの葉から見つけた虫を餌に秋を楽しむメボソムシクイ

_MG_8561.JPG

 

餌の虫を見つけたメボソムシクイ

 

カテゴリ:


今朝の白駒の池

2017年9月26日 11:28
DSCN1573.JPG

mmmmmmmmmmmmm

晴れ上がった秋空にくれないが映える湖畔。

見ごろは今週末ごろでしょう。

DSCN1568.JPG

 

定点観測のあずまやから望む

_MG_8553 (2).JPG

 

くれないに染まった湖面で羽ばたく水鳥

IMG_8543.JPG

 

朝日に立ち上がる靄

DSCN1576.JPG

 

早朝の静かな湖面を楽しむ。

 

カテゴリ:


静かな森の中で

2017年9月21日 11:13
DSCN1551.JPG

 

静かな湖畔を鳥たちものんびりと顔を出してくれる。

子育てを終わってまだ自分の毛づくろいもできてないのか、だいぶ荒れている。

DSCN1547.JPG

 

森の中で聞くメボソムシクイのさえずりは、何かもの悲しく聞こえる。

今日はこちらを向いてくれなかった。

 

カテゴリ:


今朝の白駒の池

2017年9月21日 10:49
DSCN1544.JPG

秋晴れの今朝の白駒の池。

にっちゅうの喧騒とは違って、湖面は静かに照り輝き、幻想的な世界を醸し出している。

 

IMG_8531.JPG

 

湖畔の紅葉は例年よりちょっと遅れているようだ。

DSCN1549.JPG

 

ひときわ先ゆく紅葉も見られる。

IMG_8532.JPG

 

あさひを浴びたコケたちは、とくにきれいだ。

 

カテゴリ:


木々の色づきがはじまった

2017年9月15日 16:05
DSCN1501.JPG

 

紅くなり始めたツタウルシ

緑の中のくれないがひときわ目立って美しい

  DSCN1502.JPG

 

太陽の日差しの少なかったせいか、まだ始まったばかりのヤマザクラの紅葉も、何か寂しげ

 

カテゴリ:


秋晴れの北八ヶ岳

2017年9月12日 16:08
DSCN1486.JPG

 

まだ夏雲が浮かぶ初秋の空をバックに麦草峠から茶臼山を望む

DSCN1485.JPG

 

湖面を渡る風も清々しくさざ波を創る

DSCN1482.JPG

 

原生林を通してきた光に苔は輝き、いっそうその存在を表わし、折からの賑わいにも静寂をたもっている

 

カテゴリ:


ホンドタヌキの子

2017年9月 9日 09:07
_MG_8497.JPG

 

ソォ~トあたりを見回して出てきたタヌキ、安心とみて出てきたが・・・・・

_MG_8501.JPG

 

「アレェ~」あれはなんじゃ?

 

カテゴリ:


高原は秋色深し

2017年9月 7日 16:54
DSCN1457.JPG

 

高原らしくない夏もいつの間にか終わったように秋雨前線が通り過ぎ、早や、高原はあちらこちらに秋が忍び寄ってきています。

一足先に色づいたハウチワカエデ

DSCN1458.JPG

 

シカの群れにほとんど食べつくされてしまったマツムシソウも、日照り不足で色も薄くそっと咲いて

DSCN1459.JPG

 

いつもより花付きの悪かったアキノキリンソウは、精いっぱい草原を彩っている。

 

カテゴリ:


ウソの親子

2017年9月 4日 16:27
DSCN1453.JPG

 

巣立ったばかりのヒナは、餌のヒマワリの種が割れず、口を開けて体をゆすり「ピィー、ピィーピィ」とかわいい声を挙げて親にねだる。

DSCN1445.JPG

 

親は2,3日与えるがあとは知らんふり。ヒナの独り立ちを促している。

 

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る