秋景色

早くも落葉

2017年10月18日 17:59
DSCN1691.JPG

 

長雨のためか、高原の紅葉はあっという間に落葉に。

降り積もった落ち葉、色も不満足。

DSCN1684.JPG

 

シラカバの葉もほとんどが落ちてしまった。

 

カテゴリ:


山荘の窓から

2017年10月13日 20:13
DSCN1662.JPG

 

窓辺によってきたメボソムシクイ

DSCN1665.JPG

 

窓から庭を見下ろす

テガタカエデの紅とまだ紅くなる前のサラサドウダンツツジは黄色く

 

カテゴリ:

/

秋晴れ

2017年10月11日 20:22
DSCN1661.JPG

 

2日続きの快晴

紺碧の空には切り取ったような白い雲。

目が覚めるようにくっきりとした色分け、まさに秋ほんばん

DSCN1659.JPG  

 

カテゴリ:

/

紅葉は八千穂高原に降りてきた

2017年10月 8日 15:24
DSCN1649.JPG

 

高原も赤に黄色に木々は色づき始め、今月中旬いっぱいが紅のドウダンツツジやカエデ類の見ごろ、シラカバやカラマツの黄葉は来月初旬まで続く。

 

一足先に色づいたサラサドウダンツツジの紅葉

DSCN1631.JPG

 

白樺林をバックに紅一点

DSCN1630.JPG

 

今年のミヤマザクラは、長く目を楽しませてくれている。

 

カテゴリ:

/

今秋初めての氷点下

2017年10月 5日 17:04
DSCN1624.JPG

今朝目覚めるとなんとゲレンデが真っ白な霜に覆われていた。

まるで雪が降ったような景色、にびっくり。

気温は、氷点下1℃今季初めての冷え込みです。

カテゴリ:

/

白駒の池は今が見ごろ

2017年10月 4日 16:47
DSCN1611.JPG

mmmmmmmmmmmm

湖岸はサラサドウダンツツジの紅葉で彩られている。

10日ごろまでが見頃です。

DSCN1619.JPG 青苔荘側からの池
DSCN1615.JPG

 

 

DSCN1623.JPG

 

高見石への登山道。

うっそうとした原生林が続く。

 

カテゴリ:

/

ズミの実は豊作

2017年10月 3日 16:50
DSCN1599.JPG

 

たわわに実ったズミの実。

まもなく来る冬鳥たちには願ってもないご馳走

DSCN1601.JPG

 

木全体が赤く染めるほどのなり様

DSCN1602.JPG

 

白樺林も黄葉がはじまった

 

カテゴリ:

/

雨池に水がない

2017年9月29日 17:34
DSCN1581.JPG

 

あれ程今年は、雨が降ったのに雨池には例年の5分の1ほどの水きりない

スッカリ干上がった湖底は大きなひび割れができていた。

DSCN1586.JPG

 

なんだか湖畔の紅葉も元気がないみたいだ。

 

カテゴリ:

/

今朝の白駒の池

2017年9月26日 11:28
DSCN1573.JPG

mmmmmmmmmmmmm

晴れ上がった秋空にくれないが映える湖畔。

見ごろは今週末ごろでしょう。

DSCN1568.JPG

 

定点観測のあずまやから望む

_MG_8553 (2).JPG

 

くれないに染まった湖面で羽ばたく水鳥

IMG_8543.JPG

 

朝日に立ち上がる靄

DSCN1576.JPG

 

早朝の静かな湖面を楽しむ。

 

カテゴリ:

/

今朝の白駒の池

2017年9月21日 10:49
DSCN1544.JPG

秋晴れの今朝の白駒の池。

にっちゅうの喧騒とは違って、湖面は静かに照り輝き、幻想的な世界を醸し出している。

 

IMG_8531.JPG

 

湖畔の紅葉は例年よりちょっと遅れているようだ。

DSCN1549.JPG

 

ひときわ先ゆく紅葉も見られる。

IMG_8532.JPG

 

あさひを浴びたコケたちは、とくにきれいだ。

 

カテゴリ:

/ /

木々の色づきがはじまった

2017年9月15日 16:05
DSCN1501.JPG

 

紅くなり始めたツタウルシ

緑の中のくれないがひときわ目立って美しい

  DSCN1502.JPG

 

太陽の日差しの少なかったせいか、まだ始まったばかりのヤマザクラの紅葉も、何か寂しげ

 

カテゴリ:


秋晴れの北八ヶ岳

2017年9月12日 16:08
DSCN1486.JPG

 

まだ夏雲が浮かぶ初秋の空をバックに麦草峠から茶臼山を望む

DSCN1485.JPG

 

湖面を渡る風も清々しくさざ波を創る

DSCN1482.JPG

 

原生林を通してきた光に苔は輝き、いっそうその存在を表わし、折からの賑わいにも静寂をたもっている

 

カテゴリ:


高原は秋色深し

2017年9月 7日 16:54
DSCN1457.JPG

 

高原らしくない夏もいつの間にか終わったように秋雨前線が通り過ぎ、早や、高原はあちらこちらに秋が忍び寄ってきています。

一足先に色づいたハウチワカエデ

DSCN1458.JPG

 

シカの群れにほとんど食べつくされてしまったマツムシソウも、日照り不足で色も薄くそっと咲いて

DSCN1459.JPG

 

いつもより花付きの悪かったアキノキリンソウは、精いっぱい草原を彩っている。

 

カテゴリ:


早くも初秋のけはい

2017年8月18日 17:36
DSCN1409.JPG

 

ゲレンデの草原には久しぶりの青空にススキがたなびき、ワレモコウがにょっきりと顔を出している

  DSCN1414 (2).JPG

 

空には、雲の途切れた青空に早くもワシたちの渡り?が始まったのか、5~6羽のノスリたちが飛翔していた。

DSCN1407.JPG

 

窓辺のバードレストランには、たくさんのウソたちが食欲の秋を謳歌している。

 

カテゴリ:

/

暖冬の日の出

2016年11月20日 21:34
2016.11.20   DSCN0257.JPG

 

暖かい日が続くこの年、今朝も最低気温は4℃と例年に比べ4~5℃は高い。

 

2016.11.20   DSCN0258.JPG

 

下界はすっぽりと霧に包まれ、彼方には霞んだ浅間山が浮かぶ

2016.11.20  DSCN0264.JPG

 

南の空には、ぼんやりとかすかに富士の山が見えた。

 

 

カテゴリ:

/

いよいよ冬の到来

2016年11月 4日 16:54
DSCN0182.JPG

 

文化の日、昨夜来の雨は山では雪となり、晴れ上がった青空にまだ雲のかかった山頂付近は白く雪化粧が見られた。

_MG_7925.JPG

麓のゲレンデには、早くも霜柱が立った。

 

 

 

カテゴリ:

/

去りゆく紅葉

2016年11月 3日 21:18
2016.11.02  DSCN0170.JPG

 

お風呂の窓越しに散り惜しむカエデ

2016.11.02  DSCN0180.JPG

 

真っ赤に燃えたままみどりの芝草を覆う更紗ドウダンの紅

 

カテゴリ:


すっかり落葉した白駒の池

2016年10月27日 16:36
DSCN0087.JPG

 

すっかり落葉してしまった定点観測地からの白駒の池。

秋の日差しが湖面にまぶしい

DSCN0088.JPG

来春まで静かな湖畔に戻って眠りが待っている。

 

カテゴリ:


紅の高原

2016年10月22日 20:56
IMG_0091.JPG

 

高原のくれない3題

IMG_0092.JPG  
IMG_0090.JPG            

 

カテゴリ:


晩秋の白駒の池

2016年10月21日 09:46
2016.10.19  IMG_0081.JPG

 

日照不足でいまいち美しさに欠けた湖畔の紅葉だったが、その分長い間人の目を楽しませてくれた。

2016.10.20  IMG_7860.JPG

 

ダケカンバノ黄葉はすっかりと落ち湖畔に静かな影を落としている

2016.10.19  IMG_0080.JPG

 

静けさを取り戻しつつある水面に光り輝く晩秋の足音

 

カテゴリ:


駒出池の紅葉

2016年10月19日 10:12
2016.10.19  IMG_0078.JPG

 

駒出池の紅葉は今が真っ盛り

人気のない湖畔に映し出される様々な色合いは神秘的だ。

2016.10.19  IMG_0075.JPG  

 

カテゴリ:


八千穂高原も紅葉の盛り

2016年10月18日 12:05
IMG_0066.JPG

 

山荘の周りのサラサドウダンツツジも紅さを増してきた。これから晴天が続くとの予想に例年通りの紅葉が見られそう。

IMG_0070.JPG

 

黄色く染まったミズナラの中、紅いツタウルシが一段と鮮やかに見える

 

カテゴリ:


八千穂高原の紅葉

2016年10月14日 11:27
IMG_0050.JPG

 

例年よりだいぶ遅れて高原の紅葉が始まりました。

日照時間が少なかったため色づきはいまいちですが、昨日からの冷え込みで何とか持ち直したようです。

IMG_0053.JPG

 

 

高原に秋の空と雲を持ってきてくれましあた。

IMG_7826.JPG

 

カエデも色づき始め白樺林もあでやかに

IMG_0056.JPG

 

秋の日差しにススキの穂が輝いています。

 

カテゴリ:


キビタキも山を下りるあいさつに?

2016年10月11日 11:02
2016.10.11   _MG_7786.JPG

 

春からきれいな声で高原中を賑やかに楽しませてくれたキビタキも里に下りる前の挨拶?に来てくれた。

 

 

_MG_7777.JPG

 

ルリビタキの幼鳥も霧の彼方からご挨拶?たちまち去って行ってしまった。

 

カテゴリ:

/

霧が晴れた朝

2016年10月10日 10:26
2016.10.11   _MG_7775.JPG

 

深い霧に包まれていた草原が一瞬切れ、一本刈り残された草が、きらり光った。

_MG_7771 (2).JPG

 

まだ青々とした芝草に無数の珠玉の球が

 

カテゴリ:


八千穂高原の紅葉

2016年10月 8日 20:42
2016.10.8   IMG_0042.JPG

 

標高1900M付近まで降りてきた紅葉も日照不足と昼夜の気温差の少なさでなかなか紅く色づかないでいる。

2016.10.08  IMG_0043.JPG

 

こちらは、1600M付近のサラサドウダンツツジ、昨夜に冷え込みにわずかに色づいてきた。

 

カテゴリ:


八千穂高原にも秋が下りてきた

2016年10月 6日 20:47
2016.10.04   IMG_0026.JPG

 

だらだらと長く続いた秋の長雨も台風一過ようやくの秋晴れ、真っ赤に熟れたナナカマドにもちょっと遅れた紅葉が始まった。

2016.10.06  _MG_7759.JPG

 

ひと夏を涼しげな鳴き声を聞かせてくれたメボソムシクイも里へと戻り始めた。

 

カテゴリ:


今日の白駒の池

2016年10月 2日 21:02
IMG_0015.JPG

 

定点観測地から今日の白駒の池

IMG_0020.JPG

 

日照不足は紅葉をにも大きく影響して、いまいち鮮やかさが足りません。

IMG_0012.JPG

 

それでも人々は、美しさを求めて湖畔へと歩を進めます。

IMG_0017.JPG

 

これから、明るい太陽の日差しと、朝の冷え込みを願うばかりです。

 

カテゴリ:


今朝の白駒の池

2016年9月27日 11:03
2016.09.27  IMG_0031.JPG

 

久しぶりの青空に白駒の池の湖面は照り輝きちょっと遅れ気味の紅葉を後押しをしているよう

2016.09.27  IMG_0029.JPG

 

定点観察地から

2016.09.27  IMG_0036.JPG

 

青苔荘前から白駒の池の自慢の観賞地点見ごろは10月初めころか

 

カテゴリ:

/

今朝の白駒の池

2016年9月22日 18:08
IMG_0011.JPG

 

いつもの撮影場所からの白駒の池。先ほどまで降っていた雨が上がり雲間からわずかに顔を出した久しぶりの青空が湖面にクッキリと映り、まるで雲が湧き出しているよう

IMG_0023.JPG

 

対岸の黄葉が湖面に映え、手前の紅葉とのコントラストが面白い

IMG_0018.JPG

 

日照りの少ない日々が続いているが、順調に進んでいるようです。

見ごろは、やはり月末から10月初めになりそう。

 

カテゴリ:

/

雨、雨、雨の三連休

2016年9月20日 17:50
2016.09.19  IMG_0004 (2).JPG

 

夏からずーと気持ちよく晴れたことのなかった長雨の続く毎日、この3連休も雨、雨、雨、それでもまだ駒出池のキャンパーたちは、あめのキャンプを楽しんでいた。

2016.09.20  IMG_0009 (1).JPG

 

山荘の周りの山桜の紅葉は、10日ほど前とあまり変わらず鮮やかに楽しませてくれている。

 

カテゴリ:

/

今日の白駒の池

2016年9月14日 10:19
2016.09.14  _MG_7652.JPG

 

どんよりとした曇り空の続く日々に木々の葉に生きいきさが少なくなって迎える紅葉、例年どうり美しさを見せてくれるでしょうか。

2016.09.14  IMG_0008 (1).JPG

 

定点観察地から見た白駒の池。前年の写真と見比べてください。

フォトギャラリー 15年9月11日 (参照)

 

カテゴリ:

/

秋色の山荘

2016年9月 9日 10:07
2016.09.07  IMG_0004 (1).JPG

 

山荘の庭のミヤマザクラもいち早く色づきはじめた

深山桜は、春は一番遅く咲き、秋一番先に紅葉を始める。

IMG_0004 (2).JPG

 

庭には、あちらこちらで、ノコンギクが清楚な花咲かせています。

 

カテゴリ:

/

今日の白駒の池

2016年9月 7日 20:06
  2016.09.07  _MG_7620.JPG

 

白駒の池の湖畔に紅の宴が始まった。

赤く染まった葉は、ミヤマザクラか、他の木にさきがけて目を楽しませてくれている。

2016.09.07  _MG_7634.JPG

 

今日も厚く日をさえぎる雲は瞬く間に湖面に霧を這わせ始めた。霧の湖面は本当に神秘的だ。

 

カテゴリ:


小春日和の高原

2015年11月 5日 17:25
2015.11.05 017.jpg

 

日ごと朝晩の冷え込みが身に染む高原の日々、紺碧に晴れ上がった秋の日差しは、ポカポカと温かく心を豊かにさせてくれる。

釣り人のいなくなった八千穂レイクは、安心しきった大きな魚たちの飛び跳ねる水音が響く。

 

2015.11.05 006.jpg

 

八ヶ岳連峰は初雪をとかす小春日和にぬくもりを感じる

 

カテゴリ:

/

今秋一番の冷え込み

2015年11月 1日 17:31
2015.11.01 2026.jpg

 

霜月の名の通りあたり一面の霜に覆われた。

まだ、緑の残る草ぐさはきれいに薄化粧

2015.11.01 2027.jpg

 

空には、残月が凍てつくような青空に浮かんでいる。

2015.11.01 2028.jpg

 

逆光に光る枯れすすきに一抹の寂しさを感じる。

 

カテゴリ:


澄み切った秋空

2015年10月28日 09:33
2015-10-26 004-1.jpg

 

真青に晴れ上がった空に、葉を落とした小さなズミの実が、黄色く熟れて小鳥たちについばまれるのを待っているようだ。

  2015-10-26 001.JPG
 

 

早くも黄金色に染まったカラマツが紺碧の空を従えて

2015-10-27 020.JPG

 

昇る朝日も空一面を黄金色に染めて

 

カテゴリ:


晩秋の白駒の池

2015年10月24日 16:01
2015-10-24 007.JPG

 

すっかり葉を落とし何事もなかったように静まり返る白駒の池

先週までの賑やかさがうそのよう

2015-10-24 014.JPG

 

明るくなった湖面に晩秋の眩しいくらいの光りが射しこみ過ぎゆく季節に寂しさを感じる。

 

カテゴリ:


美しく、そして、儚い秋です

2015年10月18日 19:35
2015.10.18  005.jpg

 

山荘の周辺は、サラサドウダンツツジの紅い葉につつまれ燃えるよう。

うららかな小春日和?につつまれ、ゆく秋を恨むがごとき素晴らしい一日でした。

2015.10.18  006.jpg

 

見事なサラサドウダンツツジ、この美しさは、あと何日続いてくれるのでしょうか。

美しく、そして、はかない秋です。

 

カテゴリ:


里に降りるルリビタキ

2015年10月15日 20:10
2015-10-15 011.JPG

 

雪の残る春先から今まで、尾根筋を美しい声で訪れる人たちを楽しませてくれたルリビタキが、里に下りる前に例によって窓辺のバードレストランにあいさつに来てくれました。

  2015-10-15 019.JPG

 

エナガも5.6羽群れて葉の落ちたズミの木で、餌を求め去りゆく秋を慈しんでいるようだ。

2015-10-15 008.JPG

 

ルリビタキは、まだ残る紅葉したレンゲツツジの木陰にしばらく留まってきた。

 

カテゴリ:

/

今秋初めて氷点下に

2015年10月14日 17:29
2015.10.14 007-2.jpg

 

はウチワカエデの上にうっすらと降りた霜

2015.10.14  005.jpg

 

今秋初めて氷点下になった寒さに一段と紅さがましたイロハモミジ

 

カテゴリ:


紅い実り

2015年10月12日 20:13
2015.10.12  004.jpg

白樺林の縁にはズミの木が多い。

春6月には、紅いつぼみから真っ白な花が咲く。

そして10月木々が色づくころ,ある樹は黄色い実をつけ、またある樹は紅い実をつける。

白樺の白い幹に真っ赤な花が咲いたようだ。

2015.10.12  002.jpg

 

高原の秋は、今が最高潮

 

 

 

カテゴリ:


秋深まる

2015年10月10日 14:45
2015.10.10  014.jpg

 

枯れ始めたススキの先には、秋の空にくっきりとした姿を見せる北八の山々。

明日の雨は初雪となるかも。

2015.10.10  013.jpg

 

刈られた草原には、12~3頭の鹿の群れが夕暮れにまぎれて惜しみなく、姿を見せ深まりゆく秋を感じさせる。

2015.10.10  023.jpg

 

黄金色に輝く雑木の黄葉

 

カテゴリ:

/

雨池への道

2015年10月 5日 17:41
2015.10.05  023.jpg

 

雨の多かったわりに今年の雨池の水は少なかった。

それに、紅葉もいまいち鮮やかさが少ない。

2015-10-05 009.JPG

 

ダケカンバとツツジのコラボレーションダケカンバの幹に自然の厳しさを感じる。

2015.10.05  012.jpg

 

鹿に食い荒らされた原生林。

はだかになった若い木々が痛々しい。

2015.10.05  013.jpg

雨池への道、ななじゅうウン才には見えない元気なハイカーとごあいさつ

   

 

カテゴリ:

/

高原の秋

2015年10月 3日 14:41
2015-10-02 -004.jpg

 

久しぶりに晴天が続き、どこまでもつづく紺碧の青空にキリリッとした雲に秋の深さを感じる

2015.10.02 002.jpg

 

シラカバの足元には、紅く染まったハゼの木が彩りをそえる。

001.JPG

 

八千穂レイクのさきには、黄色く染まった葉を落とし始めた白樺林が白い肌を見せ始めている。

 

カテゴリ:

/

白駒の池は紅葉の真盛り

2015年9月30日 17:39
2015-09-30 -007.jpg

 

白駒の池は今が紅葉の見ごろ。

ナナカマドの色付きが素晴らしい。

2015-09-30 -014.jpg

 

レンゲツツジの赤、ダケカンバの黄色などなどいくら見ても見あきない。

2015-09-30 017.JPG

 

今を盛りにと赤く燃えるツツジ

012.JPG

 

青苔荘のキャンプ場では、若き女性が、去りゆく秋を惜しむかのようにただ一人の山ゆきを愛しみつつ楽しんでいた。

 

カテゴリ:

/

中秋の満月

2015年9月28日 09:30
2015-09-28 025-1.jpg

 

昨日の中秋に名月は、残念ながら霧の中に隠れ、楽しむことが出来なかったけれど、今夜は満月、満を持して月の出をとらえた。

時に17時50分

2015-09-28 018.JPG

 

折から山の端に雲がかかり、月に叢雲と楽しめた。

 

カテゴリ:

/

白駒の池は今週末が見ごろ

2015年9月24日 10:41
2015-09-24 -010.jpg

 

連休の人出が一段落、静かな湖畔はいちだんと紅葉が進んでいます。

例年より10日位は約今週末あたりが最盛期を迎えそうです。

2015-09-24 -008.jpg

天候はちょっと心配ですが、雨と霧の中のしっとりぬれた風情もまた粋なものかも知れません。

シンメトリーの黄葉

2015-09-24 -001.jpg

 

定点観察地、あずまやからの紅葉

 

カテゴリ:

/

今日も青空を望むことはできなかった

2015年9月21日 19:52
2015-09-21 013.jpg曇天続きの日日、今日こそ日の出を拝もうと待ち続けたが神々しい朝焼けを残して待望の太陽は雲海の中から顔を出さず雲の中にどっぷりとつかってしまつた。

カテゴリ:

/

紅葉しはじめた白駒の池

2015年9月16日 20:22
2015-09-16 015.JPG どんより曇った空にうっすらと霧がかかりはじめた白駒の池定点観測点からの対岸は、かすんでいた。
2015-09-16 018-1.jpg

 

青苔荘前のサラサドウダンは、紅葉が目立ち始めている。

2015-09-17 010.jpg

まだ盛り前の湖畔は、人影も少なくお子さんずれが何組かのんびりとくつろいでいる。

疲れて眠っていた赤ちゃん、カメラを向けると無理やり起こしてしまった。「ごめん!ごめん!」

 

2015-09-17 018.jpg

 

こちらは青苔荘前、皆、まだまだ元気

 

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る