蝶

種類も数も少なくなってしまった蝶々

2016年8月 3日 18:01
2016.08.02  _MG_7472.JPG

年々少なくなってゆく蝶たち、数だけでなく種類もめっきり減ってしまったことはどうしたことでしょうか。

高原のゲレンデには、シカの食害が続き、この春には、シカも食べる草の芽がなくなってしまったのか、

2016.08.02  _MG_7464.JPG

早くに雪の消えた後の柔らかい地面を掘って草の根まで食べてしまったようだ。

このためシカの食べないイネ科の植物やわらび、など限られたものしか見当たらない。

2016.08.02_MG_7449.JPG

さらに、降雪が少なかったため地生え植物のすみれ類やマメ科、サイシンなどが、少なかったのが影響しているようです。

写真上から、

アサギマダラ、モンキチョウ、ウラギンスジヒョウモン

2016.08.02  _MG_7453.JPG

 

アキアカネ

 

カテゴリ:

/

蝶の飛来が少ない

2016年6月15日 11:17
2016.06.12  031 ウスバシロチョウ.jpg

 

今年は、草花の花の付きが少なく、形も小さいからか蝶の出現がごくわずか。

写真のウスバシロチョウのほか、アサギマダラが1頭、のほかヒョウモンチョウ系が4,5頭出現したのみ

2016.06.06  030 ウスバシロチョウ.jpg  

 

カテゴリ:


つゆの合間の日差しに誘われて

2015年7月10日 17:45
2015-07-10 002.JPG

 

異常気象のためか数少ない花を目指して、こちらも少なくなったチョウたちが舞っています。

クリンソウにとまるキアゲハ

2015-07-10 006.JPG

数多くいたウラギンヒョウモンも今では貴重だ。

 

2015-07-10 007.JPG

 

たおやかに舞うミヤマシロチョウ?

 

カテゴリ:


つゆの合間に舞うチョウたち

2015年6月29日 18:31
2022-1.JPG

 

つゆの合間のすっきりと晴れた日に美しい羽根を見せびらかせるようにチョウたちが舞いはじめた。

ヤブレガサの大きな葉にとまったオオイチモンジ

2015-06-29 001.JPG

 

強い陽ざしの中ちょっと一息のミスジチョウ

 

カテゴリ:


高原はチョウの季節

2014年8月21日 20:14
2014-08-19 083-1.jpg

 

年々減ってきているとはいえ、高原は今、チョウの季節

鹿害にあって少なくなってしまった草花に止まって懸命に吸蜜をくりかえしている

アサギマダラとマルバダケブキ

マルバダケブキは鹿は好まないようで食害には合わない

2014-08-19 076.JPG

 

フジバカマによるクジャクチョウ

 

 

カテゴリ:


花にあつまるチョウ

2014年8月 1日 20:34
2014-07-31 016-1.jpg

 

異常気象やシカに食べられて少なくなってしまっている草花にけなげに集うチョウたち

町の好物はヨツバヒヨドリ、ヒヨドリ草、フジバカマ等に盛んによってくる

 

アサマイチモンジとミドリヒョウモン

2014-07-31 026-1.jpg

 

クジャクチョウとセセリの仲間

2014-07-31 012-1.jpg

 

ベニシジミ

 

カテゴリ:


冬眠から覚めたチョウたち

2014年5月14日 20:45
2014-05-14 004.JPG

 

なかなか降らない雨に、芽吹きがない草草のなか、暖かくなった陽ざしに待ちきれず、冬眠から覚めたチョウたちは、ぼろぼろになった羽でたくましく羽ばたいていた。

キベリタテハ

2014-05-14 006-1.jpg

 

半ばちぎれ色も薄れた羽根を懸命にはばたかせ、小さなスミレの花を見つけた、ヤマキチョウ

 

カテゴリ:


ハンゴンソウとアサギマダラ

2013年8月30日 20:08

 

2013-08-27 007-1.jpg

数少ない花を求めてハンゴンソウによるアサギマダラ

春から寒暖の差が激しく、季節の移り変わりがあるのかないのか、四季の感じられなくなった昨今、自然界の昆虫や植物は大きな異変を起こしているようです。

草は、成長できずに花をつけることもままならない草原は、チョウや虫たちの姿もわずかしか見られない異常さでした。

2013-08-27 009.JPG

 

例年山荘の軒には、うっとうしいほどの蜘蛛の巣が張り巡らされ、掃除に苦慮していたのが、今年はわずかに一張りあっただけと、いかに昆虫が少なかったかがわかります。

 

カテゴリ:


アサギマダラがあちらこちらで見られます

2012年8月27日 21:42
2012-08-24 002.JPG

 

山野草の花の付きが悪かったこの夏、帰化植物のキクイモの花だけは、しっかりと咲いています。

この花に群がってチョウたちもようやくあちらこちらに見られる様になりましたが、その数はあまり多くはありません。

アサギマダラ

2012-08-24 001.JPG

 

非常に少なくなったといわれるヒョウモンモドキ

2012-08-24 004.JPG

 

クジャクチョウも数が少ない

 

カテゴリ:


チョウたちの季節

2012年8月 4日 13:43
2012-08-04 010.JPG
ヨツバヒヨドリで吸蜜するフタスジチョウ
2012-08-02 003.JPG  クガイソウに集うヒョウモンチョウの群
2012-08-04 004.JPG 2012-08-04 011.JPG
花の少ないこの夏蝶たちはわずかな花々に競いあって蜜を吸う ヤマキチョウはミツバチと共に

 

カテゴリ:


アサギマダラも飛び交っています

2012年7月22日 21:27
2012-07-18 020.JPG

 

高原を彩る花々が極端に少ないこの夏、蝶たちは数少ない花を求めて苦戦をしています。

よつばひよどりによるアサギマダラ

2012-07-20 011.JPG

 

石の上で日なたぼこ?

ちょっと羽の欠けているのが気にかかるクロヒカゲ

 

カテゴリ:


うららかな陽気に冬眠から覚めたエルタテハ

2012年4月13日 20:55
2012-04-13 018.JPG

 

一気に春が来た八千穂高原、今日は、この春最高の13℃を記録しました。

暖かい陽ざしを待ちかねたように、冬眠をしていたエルタテハがお目覚め、

ゆらゆら、ゆらと枯れた林の中をさまよっては、暖められた石の上に来ては日向ぼこ、

2012-04-13 015.JPG

 

枯れ草の中からは、フキノトウがにょっきり顔を出し春の到来を告げています。

 

カテゴリ:


こんなにきれいな蛾が!

2011年7月28日 21:24

2011-07-27 004-1.jpg

ガの仲間には、いろいろきれいな種類が多いが、これはまたなんともあざやな色合い。

どなたか名前を教えてください。

 

 

 

 

 

2011-07-27 001-1.jpg
 

カテゴリ:


蝶たちも姿を見せています

2011年7月18日 16:57

天候不順に草花の育ちも遅れがちでしたが、ようやくヒヨドリ草やアザミなどが咲きだし、蝶たちも生き生きと飛び回りだしました。

近年は、シカに食べられる草花も多くチョウ、ハチや昆虫たちの食草がめっきり減り彼らにとって受難の時代

となってしまいました。   

ヨツバヒヨドリ草に吸蜜するアサギマダラ

 

                

2011-07-14 018.JPG


 

 

 

 

アザミに寄るウラギンヒョウモンチョウ

カテゴリ:


冬眠から覚めたクジャクチョウ

2011年4月 5日 20:55
2011-04-05 003-1.jpg

久しぶりの春らしい柔らかな日差しに誘われたのか、

まだ回りは、草の芽さえ全くない一面の銀世界、

わずかばかり根雪の解けた地面で雪解け水を吸うクジャクチョウ

-20度近くにもなる厳冬をどこで過ごしたのか、今、羽化したのかと見まごうほど、傷一つ無いきれいな羽をひろげあちらこちらとゆったりと舞い飛んでいた。

 

 

カテゴリ:

/

八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る