冬鳥

キレンジャクの群れ

2017年3月11日 15:38
2017-03-11 006 (2).JPG

 

キレンジャクの群れがやってきた。

いつもの年より姿が少ない冬鳥たち、ようやく駒出池の周辺のヤドリギ目当てに群れてやってきた。

飛翔するキレンジャク

2017-03-11 003.JPG

 

今年は、ヤドリギの実は少ないのが心配だ。

 

カテゴリ:


アトリの群れ

2016年12月11日 10:46
2016-12-12 010 (2).JPG

 

ようやく冬らしく冷え込んできた朝、数十羽のアトリの群れが頭上を舞ったり、樹上を埋め尽くしている。

2016-12-12 006.JPG

 

 

 

カテゴリ:


今年も冬鳥がやってきた

2016年11月 8日 20:06
2016.11.07  DSCN0194.JPG

 

今年も冬鳥たちがやって来る季節となりました。

先ずは、ツグミの群れ、高原一杯たわわに実ったズミの実やマユミの実に群れてついばんでいます。

2016.11.08   DSCN0197.JPG

まだ頭の黒毛が生えそろわぬウソの雄、何か恐ろし気

 

2016.11.07  IMG_0095.JPG

 

珍しく山荘付近に来たシロハラは、せっかく遠路はるばる海を越えてきたのに着いたとたんに衝突してしまった。

合掌

 

カテゴリ:

/

里には冬鳥も

2016年1月23日 16:56
2016-01-23 013.JPG

 

里にはアトリとシメの群れが

2016-01-15 021.JPG

 

獲物を探すオオタカ

 

カテゴリ:


雑木林の中で

2015年12月 5日 13:57
2015-12-05 011.JPG

 

雑木林の中から獲物を狙うオオタカ

2015-12-05 001-1.jpg

 

群れから離れたシメ

 

カテゴリ:


深い霧の中ツグミの群れが来た

2015年11月25日 11:02
2015-11-25 007.JPG

 

30メートルも視界が利かない深い霧の中、3,4じゅう羽の大きなツグミの群れが、紅く熟れたズミに群がってきた。

2015-11-25 001.JPG

 

ズミの枝で実をついばみ、鳴きながら飛びまわるツグミ

2015-11-25 015.JPG

 

なかには、群れから離れ窓辺のバードレストランによってきたツグミもいた

 

カテゴリ:


窓辺のバードレストランにシメが来ました

2015年11月22日 20:07
2015-11-22 009.JPG

 

窓辺のバードレストランにシメが来ました。

今年は冬鳥の飛来が遅れているようで、ふもとの方でもあまり見かけませんが、ようやく到着したのでしょうか。

2015-11-19 014.JPG

 

ツグミは半月ほど前から姿を見せていましたが、何やら落ちつきがなくなかなかレンズに入ってくれませんでしたが、たわわに実ったヅミの実を啄ばむようになってきました。

 

カテゴリ:


ジョウビタキとルリビタキ

2015年10月29日 20:44
2015-10-29 002.JPG

 

窓辺のバードレストランに突然現れたジョウビタキのメス。

今秋、冬鳥の一番乗り。

何やら落ちつきなく枝から枝へと飛び交いそそくさと姿を消した

 

 

 

2015-10-24 004.JPG

 

こちらは、馴れた表情でゆっくりと地上を飛び回るルリビタキ。

間もなく里へと降りてゆく

 

カテゴリ:

/

飛来が少ないと云われていたシメが姿を見せました

2015年4月19日 12:21
2015-04-18 001.JPG

 

今年は各所でシメが少ないといわれていますたが、我が家にもようやく1羽だけですが姿を見せてくれました。

2015-04-18 007.JPG

 

アオジもやっといついたようです。

 

カテゴリ:

/

久しぶりのバードウォッチング

2015年3月 5日 13:27
2015-03-04 017-1.jpg

 

久しぶりに、松原高原の中々入りの畑にバードウォッチングに出ました。

昨秋の木の実や草の育ちが悪かったせいか、レンジャクやアトリを除いて冬鳥の飛来が少ないようです。

 

 

2015-03-04 010.JPG

 

そんな中、7~80M先のやぶにいるベニマシコを発見なんとかカメラに収めました。

早くも枯れた葦の先でさえずるホオジロ、高枝で獲物を探すノスリと、季節の移りはじめたことを感じられます。

 

2015-03-04 030.JPG

カメラに収まったのはこれだけ、あとは葦の茂みや畑から突然飛び立ちなかなか捉えることができません。

他に、アトリ、カワラヒワの群れ、カシラダカ、イカル、ヤマガラ、ツグミ、シロハラ、ジョウビタキ、アカゲラ、などが見られました。

 

カテゴリ:


窓辺の鳥たち

2015年2月 4日 13:39
2015-02-04 020-1.jpg

 

カラマツ林の中をカラの群れに交ざってキバシリが窓辺近くの幹を登っては、また根元付近まで下りたりといそがしく餌を求めていた。はたして見つかったのでしょうか?

2015-02-03 006-1.jpg

 

最近よくジョウビタキが来るようになった。

真っ白な雪に映えてジョウビタキのオレンジがよく映えて美しい。

 

カテゴリ:

/

ヒレンジャクが群れてきた

2014年12月28日 19:47
2014-12-26 012.JPG

 

高原の夕暮れ時、ヤドリギをたくさん背負ったミズナラの木に30~40羽のヒレンジャクが群がっていた。

2014-12-26 001.JPG

 

窓辺のバードレストランには、いろいろな鳥たちが集いはじめた。

カケス

2014-12-26 008.JPG
 

 

なぜかおどおどしたアカゲラ

 

2014-12-26 007.JPG

 

コゲラ

 

カテゴリ:

/

窓辺のバードレストランにアカウソが来ています

2014年12月25日 20:33
2014-12-25 001.JPG

窓辺のバードレストランにアカウソがきました。

去年は見かけなかったので2年ぶりです。張るまでいてくれることを期待しています。

カテゴリ:


窓辺のバードレストランのつかの間のお客様

2014年11月23日 20:48
2014-11-22 008.JPG

 

ここ4,5日前から葉の落ちた木々の間から「チィー」「チィー」と忍び声を上げながら飛んでいるジョウビタキ、根雪の来るまでのつかの間、我が家の窓辺のバードレストランの常連になったようです。

2014-11-22 001.JPG  

 

カテゴリ:


実りの悪かった木の実を求めて

2014年11月 9日 21:18
2014-11-07 001.JPG

 

八千穂レイクをまわる遊歩道にあるシラカバ林の中のズミの密集した林には、ツグミの群れやをはじめアトリ、マヒワの大きなむれが実りの悪かった小さなズミの実や茨の実を求めて群がっている。

 

2014-11-07 006.JPG

 

マヒワ

2014-11-07 010-1.jpg

30~40羽ほどのアトリとマヒワの群れ

カテゴリ:


窓辺のバードレストランに冬鳥が来はじめた

2014年11月 6日 11:37
2014-11-05 016.JPG

 

窓辺にひょっこりとアトリが現れ、しばらく落ちこぼれたヒマワリの種をついばみ目を楽しませてくれた。

今年もよろしく!

2014-11-05 017.JPG

 

近くのカラマツの枝には、カシラダカや、マヒワの群が高みの見物とばかり姿を見せてくれた。

 

カテゴリ:


駒出池にヒレンジャクが群れてきた

2014年3月13日 21:40
2014-03-13 006-1.jpg

 

暖かな春の様な陽気に、駒出池のヤドリギにヒレンジャクが群れてやってきた。

固まった雪にスノーシューがぎしぎしと足音をたてなかなか近づくことが出来ず彼方からの証拠写真となってしまった。

2014-03-13 004-1.jpg

 

今年は、ヤドリギの実が少なく、彼らが定着してくれるかどうかちょっと心配です。

   

 

カテゴリ:

/

雪にとまどう小鳥

2014年2月26日 20:56
  2014-02-23 006.JPGのサムネール画像

分厚く降った千曲川の雪の河原にハクセキレイが餌を求めて2羽、さまよい跳ねる

 

カテゴリ:


今冬初めてシメが来た

2014年2月18日 18:08
2014-02-18 009.JPG

なかなか来なかった冬鳥でしたが、今朝、バードレストランにシメが姿を現した。

大雪に見舞われ餌にありつけなかったのか、餌台に近づきたいがまだ警戒心が強く、しばらく様子を見ながら去っていってしまった。

明日の朝が楽しみです。

カテゴリ:


ズミを食むツグミ

2013年12月19日 16:23
2013-12-19 011-1.jpg

 

二日続きの粉のような降雪は、辺り一面を銀世界と変え、20CMほど積もった。

豊作だったズミの実に寄る鳥の姿が、ほとんど見られなかっので、枝に積もった雪に鮮やかにズミの実が目に映る。

 

  2013-12-19 001-1.jpg

 

そこへ、すかさずツグミが1羽たくさんの実をひとり占めして食していた。

 

カテゴリ:


雪の中ツグミの群が

2013年11月28日 20:46
2013-11-28 001.JPG

 

降りしきる雪の朝、ツグミの群が葉の落ちたカラマツの枝に群がり、たまに舞い降りてきてはツルウメモドキの実をついばんでいる。

2013-11-28 002-1.jpg

 

啄ばんではすぐにまた、カラマツの枝へと戻る。

 

カテゴリ:


アカウソが早々に姿を見せた

2013年11月22日 17:01
2013-11-21 005-1.jpg

 

窓辺のバードレストランに今年もアカウソが来た。

昨シーズンは全く姿を見せなかったアカウソ、

今年は早々に姿を見せた。

2013-11-21 001.JPG

 

餌台に、ウソやシジュウカラと仲良くついばんでいた。

 

カテゴリ:


今年も、冬鳥一番乗りはツグミだった

2013年11月18日 15:33
20101117_07410IMG_5473-1.jpg

 

例年どうり今年も冬鳥の一番乗りは、ツグミだった。

たわわに実ったツルウメモドキやズミの実に群れてやってきた。

 

2013-11-13 003.JPG

 

すっかり大人の衣をまとったウソも、ズミなどの実に囲まれて、間もなく来るであろう寒さに備えて、実りの秋を楽しんでいるようです。

 

カテゴリ:


ジョウビタキが囀っています

2013年6月20日 11:04

 

2013-06-20 001.JPG

 

2,3日前から裏の林から聞きなれない鳥の鳴き声がしていた、オオルリの囀りを短くして最後に「ジュジュっジュゥ~」とした声が林の中を跳び回っていた。

今朝枕もとで、例の大きな歌声に驚かされた、見れば、枯れたカラマツの天辺で、冬とちがってみるも鮮やかな羽色をしたジョウビタキでした。

2013-06-20 005.JPG

 

頭部は、見事な草色、喉元の黒はくっきり、羽はつややかなこげ茶、両側の白斑もくっきりと、まるで冬に見るジョウビタキとは見間違えるほどの美しさです。

 

 

 

カテゴリ:


この鳥、ジョウビタキ?

2013年5月16日 13:47

 

2013-05-16 014.JPG

 

突然、などべのレストランに姿を見せたこの鳥、真っ黒な背中に白い斑、ノビタキが来たとと思ったらあまりにも茶色い腹部にビックリ!

図鑑を引っ張り出してみてもどう見ても、ジョウビタキに見える。

 

2013-05-16 018.JPG

 

図鑑によれば、もうとっくに北へ帰っているはずなのに

もしかしたら違う鳥?

写真では、頭が白く写っているが光の具合で、もっと黒味がかってみえた。

 

カテゴリ:


窓辺のバードレストランはシメが占領

2013年4月11日 17:36

 

2013-04-11 001-1.jpg

 

ウソやコガラなどが主役である窓辺のバードレストランは、ここのところシメの群に占領されています。

これから5月半ばごろ北に旅立つまで、彼らのたわむれる姿や、窓に映った自分の影を相手と思うのか、影に向かって攻撃したりと楽しませてくれます。

2013-04-07 002-1.jpg  

 

カテゴリ:


飛翔するアトリ

2013年3月28日 21:46

 

2013-03-27 006-1.jpg

 

窓辺のバードレストランには、毎日20羽ほどのアトリの群れが来ています。

ウソや、コガラは、あまり餌台の取り合いはしないが、アトリは独占欲が強いのか、餌台を一羽で占めてしまい、同じ仲間の雄雌同士でも容赦しません。

 

2013-03-27 008-1.jpg

 

やはり、これからシベリヤに向かって旅立たなければならないための体力作りのためなのでしょうか。

メスを追い払うオス

 

カテゴリ:


窓辺のバードレストランはシメとアトリで満員

2013年3月21日 20:53

 

2013-03-20 003-1.jpg

 

窓辺のバードレストランに向かって飛び立つシメ

2013-03-20 004.JPG

 

窓辺のバードレストランはシメとアトリで満員

2013-03-20 005.JPG

 

アトリも窓辺へ

 

カテゴリ:


毎日来る様になったアトリ

2013年1月31日 21:06

 

2013-01-29 017.JPG

 

2,3羽で来ていたアトリは、だんだんと数を増し、毎日来るようになるとすっかり窓辺のバードレストランにも慣れて今朝は、15羽ほどにふくらみ、餌の取り合いがはじまった。

2013-01-29 016.JPG 飛びまわる個体もおりすっかりなじんできた。

 

カテゴリ:


窓辺のバードレストランにアトリが群れてきた

2013年1月25日 17:05

 

2013-01-24 002-1.jpg

 

窓辺のバードレストランにまた珍客が現れた。

いっぺんに春が訪れたような昨日、窓辺にアトリの群が突然に飛来して、しばらく新雪をかき分けえさ探しをしていた。

 

2013-01-25 005.JPG

 

バードレストランには、常連になったシメが、その恐そうな顔に似合わず、コガラやウソと仲良くヒマワリの種を食べています。

バードレストランには常にコガラ、ウソ、ゴジュウガラ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウガラ、コゲラ、アカゲラ、シメ、カケス、時々ホシガラス、エナガ、などが多い時には

2013-01-25 006.JPG

 

20羽ほどが集まり毎日小さなバケツ三杯ほど平らげていきます。

 

 

カテゴリ:


窓辺のバードレストランにシメが来た

2012年12月 6日 15:30

 

2012-12-06 006.JPG

 

夜半から、猛烈な風が吹き、寒冷前線の通過を感じさせていたが、案の定、朝は地吹雪のように粉雪が横に飛んでいた。

まだ、窓辺のバードレストランにはなじめないのか、しばらく小枝で様子を窺いそっと餌台によってきた。

2012-12-06 004-1.jpg  

 

カテゴリ:


ヒレンジャクの脱ふん

2012年12月 5日 15:16

 

 

2012-12-02 007-1.jpg

 

ヤドリギの実を食べたヒレンジャクは、独特のながーい糸を曳いて脱糞する。

2012-12-02 003-1.jpg

 

朝日を浴びて

 

カテゴリ:


今日出会った鳥たち

2012年11月24日 17:14

 

2012-11-24 009.JPG

 

松原高原

カワラヒワ、アトリ、マヒワ、カシラダカ、ミヤマホオジロ、カケス、ベニマシコ、スズメ、ホオジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、コゲラ、

2012-11-24 004.JPG

 

くさかげにアトリが

2012-11-24 031.JPG

 

八千穂高原には、きのう遭遇したヒレンジャク、今日は100羽ぐらいの大群で、あちらこちらのヤドリギにたむろしている。

今年は、ヤドリギの実が豊作なのでしばらくは楽しめそう。

 

カテゴリ:


レンジャクが群れで来た

2012年11月23日 17:21
2012-11-23 001.JPG

 

深い霧が立ち込める夕暮れの中、ヤドリギの実を求めてレンジャクの2~30羽の群が梢に、残念ながらいつも持ち歩いているカメラが手元になく、デジカメでショット、ヒレンジャクか、キレンジャクかは不明でしたが、どうやら形だけは確認できたようだ。

カテゴリ:


冬鳥が続々来はじめています

2012年11月17日 15:12

 

2012-11-16 027.JPG

 

今年はちょっと早めに冬鳥たちがたくさん群れて来ています。

先日探鳥地を知らせたAさんから情報を頂いたのでさっそく松原高原に出向いたところ、沢山の鳥たちが飛び交い昨年の少なかったことが嘘のよう

 

カシラダカ

2012-11-16 013.JPG

 

出現鳥

アトリ(群れ)、カワラヒワ(群れ)、マヒワ、カシラダカ(群れ)、シメ、ベニマシコ、ミヤマホオジロ、ツグミ(群れ)、ジョウビタキ、ハクセキレイ、シジュウカラ、スズメ(群れ)

 

飛翔するシメ

2012-11-16 019.JPG

窓辺のバードレストランに来る鳥たち

ウソ、シメ、ヤマガラ、コガラ、シジュウガラ、ゴジュウカラ、アカゲラ、ツグミ、アオゲラ、コゲラ、エナガ、メジロ、カケス、

15日珍しくヤマドリのメスが前庭をとおりすぎていきました。

はるか先にレンズがとらえたベニマシコ

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:


ツグミの群がズミの実をついばみに

2012年11月 8日 16:56
2012-11-08 010.JPG

 

 

昨秋はほとんど姿を見せなかったツグミが、先日から毎日、粒は小さいけれど、たわわに実ったズミの実に7,8羽の群できています。

2012-11-08 003.JPG まだ、青味がかったオレンジ色の実なので、完全に熟してないのでしょうか、あまり熱心にはついばんではいないようです。

 

カテゴリ:


うららかな弥生入り

2012年3月 1日 20:57
2012-02-29 003.JPG 

 

20年ぶりとか言われたこの冬の寒さらしく、2月の最後の日は雪にくれた。

窓辺のバードレストランに来たカケスも降りしきる雪にまみれて順番待ち。

 

2012-03-01 007.JPG

 

明けて、3月1日は朝から春が来たかのようなうららかな晴天に誘われ里(大石、松井集落)にバードウオッチングに出たが、出会うのはホオジロばかり、カシラダカ、アトリ、マヒワの小さな群れ、今シーズン初めてたった1羽のシメにであったのが幸いでした。

松井集落から望む北横岳

2012-03-01 004.JPG

 

それと、山鳥の雄雌何れもカメラを向ける間もなく飛び去られてしまい記録に残らず残念でした。

 

 

山荘から見る雪をかぶった剣ヶ峰

 

カテゴリ:

/

冬の使者オオマシコがやってきた

2011年11月30日 16:47
06112911.DSCN2201-1.jpg

今シーズン初めてお目見えしたオオマシコ、4~5羽の群をつくって枯れやぶを華やかに飾っていた。

2011-11-30 003-1.jpg

           ベニマシコも姿を見せている

 

 

カテゴリ:


ふもとの鳥たち

2011年11月25日 09:35
2011-11-24 004.JPG

 

ふもとの八千穂駅、頭上にはたくさんのカラスが群れ何をしているのか盛んに舞っていた。

目の前の大きなカキの木にはひっそりとツグミの群が柿をついばみと、カラスの群が急降下、ツグミは一斉に飛び立ってしまった。

2011-11-24 003.JPG

 

冬鳥の姿は、少ないが枯れ草の中にはスズメの群が

 

カテゴリ:


久しぶりのバードウォッチング

2011年11月16日 15:42
2011-11-16 009-1.jpg             写真はベニマシコ

 

久しぶりの冬鳥を訪ねて柔らかい陽ざしと肌を刺すような冷たい北風の中山麓の松原高原に行ってみた。

到着してまだ間もないのであろう鳥たちは、豊富な枯れ草の実をついばみ、あちらこちらと草原を群れて、飛び回り落ち着かない様子。

 

 

2011-11-16 016-1.jpg           写真はミヤマホオジロ

 

なかなかカメラに収まってはくれないが、数はたくさんいるので目を楽しめた。

出現鳥

トビ、ヤマドリ、ヒヨドリ、ベニマシコ、カシラダカ、ミヤマホオジロ、ツグミ、イカル、ホオジロ、シジュウカラ、ジョウビタキ、カワラヒワ、ガビチョウ 14種

2011-11-16 013.JPG           写真はカシラダカ  

 

カテゴリ:


冬鳥の一陣がやってきた

2011年11月12日 20:52
2011-11-12 019.JPG

 

待望の冬鳥たちがやってきました。

まずは、ツグミの大群、真青に晴れ上がった高原の空に乱舞しながら、ひと冬の棲みかを探しているようです。

IMG_0033.JPG

 

カシラダカも到着したばかりの姿で一休み。

これから冬鳥たちは、続々とやってきそうです。

 

カテゴリ:


高原にイスカの群れが!

2011年6月 2日 16:17

 

20090531_07410IMG_2785-2.jpg

さる31日駒出池キャンプ場にイスカの雄ばかりの約20羽の群れを、お客様のOさんが確認しました。イスカは図鑑などでは、通常、冬期に大陸から渡ってくる渡り鳥と紹介されていますが、一昨年にも30羽ぐらいの群れ(上記写真はこの時のもの)を確認していますし、この年の秋には、幼鳥も確認されていますので、この高原で繁殖されていることは間違いないようです。

 

20070914_07410IMG_07271.JPGのサムネール画像 9月中旬撮影のイスカの幼鳥、ちょっと見にくいが嘴がわずかに交差している

 

 

カテゴリ:


アトリやシメもまだいます

2011年4月29日 10:25

2011-04-27 003-1.jpgのサムネール画像2011-04-07 003.JPGアトリやシメなどの冬鳥もまだ5月中旬までこの窓辺のバードレストランに寄ってきます。

5月の冬鳥たちは北へ帰る前に大きな群れをつくり紺碧の空を飛びまわる姿はなかなか見ごたえがあります。

餌を拾うアトリ

 

残雪にのるシメ

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る