花木

ズミの実は豊作

2017年10月 3日 16:50
DSCN1599.JPG

 

たわわに実ったズミの実。

まもなく来る冬鳥たちには願ってもないご馳走

DSCN1601.JPG

 

木全体が赤く染めるほどのなり様

DSCN1602.JPG

 

白樺林も黄葉がはじまった

 

カテゴリ:

/

レンゲツツジが盛りです

2017年6月14日 08:37
DSCN1148.JPG

 

今が最盛期

20日ごろまでが見頃のレンゲツツジ

DSCN1152.JPG

 

ボランテアによる笹を刈っていたので今年は花が見事

 

カテゴリ:

/

新緑の高原は花盛り

2017年5月31日 16:50
DSCN1130.JPG

 

トウゴクミツバツツジから始まった高原の春は、今白樺の新緑とヤマツツジの紅い花、真っ白なズミの花に包まれ、

DSCN1131.JPG

 

駒出池キャンプ場あたりでは、レンゲツツジも咲き始めた

 

DSCN1134.JPG

 

高原の春は真っ盛りです。

 

カテゴリ:

/

春の彩り

2017年5月27日 19:56
DSCN1101.JPG

 

トウゴクミツバツツジと山吹のコラボレーション

IMG_8235.JPG

 

ハウチワカエデの花

 

カテゴリ:

/

高原の貴婦人と貴公子が、姿を見せ始めた

2017年5月24日 17:40
DSCN1096.JPG

 

高原の貴婦人と貴公子と呼ばれている、白樺林の中にひときわ目立って咲くトウゴクミツバツツジの大株、ことしは、貴公子殿が一足早くその存在感出し、

DSCN1093.JPG

 

貴婦人は、おっとりと徐々に妖艶な姿を見せ始めている。

この週末が見頃となるでしょう。

 

カテゴリ:

/

白樺林のトウゴクミツバツツジは来週半ばから見頃

2017年5月20日 20:27
DSCN1081.JPG

 

駒出池湖畔のミツバツツジは見頃を迎えた

DSCN1080.JPG

 

白樺林内のトウゴクミツバツツジは間もなく開花、

来週末頃が満開となりそう

 

カテゴリ:

/

霧の白樺林

2016年5月30日 19:14
2016-05-30 008-1.jpg

 

この時期の白樺林には、霧が似合う。

乳白色が漂うしっとりと静かな時が流れるなか、レンゲツツジの鮮やかなオレンジ色、白く浮き出た白樺の幹が幽玄の世界に引き込まれそうな幻想を呼ぶ。

2016-05-30 014-1.jpg

 

6月半ばまでが見頃でしょう。

 

カテゴリ:

/

高原の貴婦人が清楚な姿を見せています

2016年5月20日 19:38
2016.05.20  008.jpg

 

眠りから覚めた高原の貴婦人

冬の降雪が大変少なかった上、昼夜の寒暖の差が激しい日が続いたせいか、鮮やかな色彩と花芽の多いきれいな目覚めです。

2016.05.20  006.jpg

 

レンゲツツジもれいねんより2週間も早く咲きだしました。

 

カテゴリ:

/

新緑いろいろ

2016年5月18日 17:53
2016.05.18  010.jpg

 

ひときわ目立つあでやかなトウゴクミツバツツジ

 

2016.05.18  013.jpg

 

清楚な姿を水面に写すズミの花

2016.05.18  002.jpg

 

想いおもいの新緑

 

カテゴリ:

/

眠りから覚め始めた高原の貴婦人

2016年5月14日 10:54
  2016.05.14  026.jpg

 

高原の貴婦人と言われている白樺林の中の銘木トウゴクミツバツツジも、長い冬の眠りから覚め始めた。

枝の先から、薄紫の蕾が顔を出し、時の来るのを今や遅しと待っています。

来週後半が見頃ではないでしょうか。

  2016.05.14  022.jpg

ひと足先に咲きだしたシラカバ林の中のミツバツツジ

 

 

カテゴリ:

/

今年のツツジ類の開花は早そう

2016年5月 8日 17:13
2016-05-08 010-1.jpg

 

暑かったり、寒かったりの日が続くこの春、どうやらツツジたちの開花は始まった。

 

 

2016-05-08 009.JPG 標高1200メートル付近のヤマツツジは、真っ赤なつぼみを見せて今にも咲きそう。
2016-05-08 003.JPG

 

白樺林の中のミツバツツジも、膨らみはじめ赤紫の肌を見せて出番を待っている。

来週あたりから咲きだしそうだ。

 

カテゴリ:

/

レンゲツツジが咲きだした

2015年5月30日 14:59
2015-05-30 002.JPG

 

例年より1週間も早くシラカバ林のレンゲツツジが咲きだしました。

早い夏の到来と少雨に見舞われ花が少々小さいのが残念

昨夏の天候不順も影響していそう

  2015-05-30 009.JPG

 

久しぶりの前夜来の雨に打たれて生き返ったように朝日を浴びたレンゲツツジ

 

カテゴリ:

/

トウゴクミツバツツジが咲きだした

2015年5月14日 21:36
010.JPG

 

例年より1週間ほど早いトウゴクミツバツツジの開花新緑につつまれた白樺林の中に薄紫の可憐な花がいとおしく見える

020.JPG

 

ズミの赤いつば実が真っ白に咲くのももう少しだ

 

カテゴリ:

/

ハクサンシャクナゲが見頃です

2014年7月21日 19:10
2014-07-20 005-1.jpg

 

来た八ヶ岳のシャクナゲは、クリーム色に薄いピンクの筋を配した上品な花、ハクサンシャクナゲだ。

梅雨が明ける今頃が見頃です。

2000メートル辺りの原生林の中や岩場に楚々として咲いている。

2014-07-20 002-1.jpg

 

山旅で疲れた足を慰めてくれる。

 

 

カテゴリ:

/

レンゲツツジには霧がよく似合う

2014年6月 5日 15:08
2014-06-05 016.JPG

 

梅雨入りが気象庁より発表された今日、高原は霧につつまれ、折から咲きだしたレンゲツツジ、ズミの花が白いベールに包まれ幻想的な風景をかもしだしています。

2014-06-05 012.JPG

 

ちょうど3分咲きとなったレンゲツツジ、

来週ごろが見ごろとなりそう

2014-06-05 002.JPG

 

山荘前のミヤマザクラ、桜としては一番最後に満開の時期を迎える。

「三日見ぬ間の桜かな」の言葉どうり、上向きに咲いた花は、この雨にもう散りはじめた。

 

 

 

カテゴリ:

/

新緑は八千穂高原をつつみはじめた

2014年5月15日 19:16
2014-05-15 008.JPGのサムネール画像

 

高原の花の季節は、標高1300M付近まで上がってきた

 

路傍に咲くヤマツツジは満開だ

2014-05-15 001.JPG

 

同じ1300M付近で咲くトウゴクミツバツツジ

2014-05-15 009.JPGのサムネール画像

 

標高1500M付近白樺林  

 

2014-05-10 001.JPGのサムネール画像

 

標高1600M付近のカラマツの新緑

緑はここまで来た

 

カテゴリ:

/

ルビーのようなミヤマ桜のサクランボ

2013年7月31日 21:20

 

2013-07-30 004-1.jpg

 

6月初旬に咲いた山荘前のミヤマ桜の大木、不順な天候にもかかわらず、小さな美しい実をたわわにつけました。

直径1CMにも満たないサクランボですが、枝いっぱいにルビーを散りばめたように輝いています。

 

2013-07-30 006-1.jpg

 

熟すと黒く光り、なかなかおいしそうに見えますが、残念ながら苦くてとても人の口には合いません。

 

 

 

カテゴリ:


今朝の駒出池

2013年5月23日 10:07

 

2013-05-23 008.JPG

 

駒出池湖畔は、トウゴクミツバツツジ、玉ツツジ、ズミの花が満開になった。

2013-05-23 031.JPG

 

シラカバ林の中には、トウゴクミツバツツジが満開にちかずいてきた。

2013-05-23 025.JPG

 

駒出池付近のレンゲツツジは、オレンジ色の蕾をふくらませ始めてきた。

 

カテゴリ:

/

枯れ木に花が咲いた?

2013年1月 6日 21:04
2013-01-05 011.JPG

マユミの木は不思議な樹だ。

6月1CMほどの淡緑色の小さくて地味な花を咲かせ、秋には、淡紅色の蒴果が熟して4つに裂けると中から真っ赤な種子が枝いっぱいを鮮やかに飾る。

やがて、オコジョや、渡ってきたツグミやレンジャクたちについばまれたり、熟れてこぼれ落ちたりしてすべて無くなると、蕚片だけが残り澄みきった冷たい冬の空に向かって真っ白な花が咲いたように無味乾燥した冬の林を賑わせてくれます。

 

カテゴリ:

/

山のサクランボ

2012年8月14日 20:19
2012-08-14 006-1.jpg

 

数多い桜の中で一番最後に開花すると思われる山荘の前のミヤマザクラ、6月10日ごろわずか3日で散ってしまう本当の「三日見ぬ間の桜」小さな、小さなサクランボをつけました。

ルビーのような輝きから真っ黒に熟しやがて小鳥たちの格好な餌となります。

2012-08-14 002-1.jpg  

 

カテゴリ:


咲きだしたミヤマザクラ

2012年6月12日 17:46
2012-06-12 003.JPG

 

山荘の樹齢300年?とも云われる幹回り約2.5Mもあるミヤマザクラの花が例年より10日ほど遅れて咲きだしました。

となりのズミの蕾もふくらみ出し、真っ白な実ヤマザクラの花と、ピンクのズミの花が梅雨に入ったうっとうしい霧をはねのけるように鮮やかさをかもしだしています。

2012-06-12 007.JPG  

 

カテゴリ:

/

今が盛りのトウゴクミツバツツジ

2012年6月 2日 14:22
2012-06-01 016.JPG

 

新緑に萌える八千穂高原のあちらこちらで大きな株にせいいっぱい淡いピンクの装いを披露するトウゴクミツバツツジ

2012-06-01 033.JPG

 

芽吹いたばかりの若葉の間から紅いつぼみで出番を待つズミの花

来週中ごろ真っ白な花が見られるでしょう

 

2012-06-01 038.JPG

 

例年より10日ぐらい開花が遅れているレンゲツツジ、ようやく硬いつぼみがはじけ始めてきました。

見ごろは中旬になりそうです。

 

カテゴリ:

/

八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る