春景色

白樺林のトウゴクミツバツツジは来週半ばから見頃

2017年5月20日 20:27
DSCN1081.JPG

 

駒出池湖畔のミツバツツジは見頃を迎えた

DSCN1080.JPG

 

白樺林内のトウゴクミツバツツジは間もなく開花、

来週末頃が満開となりそう

 

カテゴリ:

/

自然からの贈り物

2017年5月11日 17:23
DSCN1068.JPG

 

山荘の裏山にみずみずしい新緑の山菜コゴミが顔を出した。

辺りの山にはまだ見えぬのにここだけは別世界のようだ。

 

DSCN1066.JPG

 

小首かしげて出たワラビ

DSCN1067.JPG

 

二ホンサクラソウも小さな蕾をのぞかせて

 

カテゴリ:

/

新緑はそこまで

2017年5月 8日 21:34
  IMG_8158.JPG

 

谷沿いの山桜が新緑に映えて

  IMG_8162.JPG

 

ひっそりと咲くヒトリシズカ

 

カテゴリ:


白駒の池はまだ氷の世界

2017年5月 7日 10:50
DSCN1053.JPG

 

白駒の池はまだ一面の氷に朝日が眩しく照り返していた

    DSCN1055.JPG

 

青苔荘側から見ると、岸辺に亀裂が生じ湖明けも近い

DSCN1054.JPG

 

原生林の中は、残雪がまだ深く、苔の季節にはちょっと時間がかかりそう

 

カテゴリ:


高原の春は間もなく始まります

2017年5月 5日 19:53
DSCN1046.JPG

 

麓の大石集落付近の国道299号線は花桃の里、約3KMにわたって赤、白の振り分け枝できれいに咲きそろって今が見頃です。

 

DSCN1040.JPG

 

ヤマザクラは、標高1200Mくらいまで登ってきました。カラ松も青みを出し、新緑の姿を見せるのももうすぐです。

 

カテゴリ:


雪解水を装った滝姫

2017年4月27日 09:28
DSCN0989 (2).JPG雪解け水を滝巾いっぱいに広げ、虹の模様をあしらった純白のドレスをまとった山の妖精の踊る姿。

カテゴリ:


雪と氷の白駒の池へ

2017年4月21日 18:00
2017-04-21 001.JPG

冬の間閉鎖されていたR299号線が開通しました。

白駒の池への道はまだまだ深い雪に閉ざされ、積雪は入り口付近で2メートル以上あります。

行かれる方は、雪が腐ってずっぽりともぐることもありますので登山靴や濡れてもよい装備でお越しください。

 

2017-04-21 008.JPG

 

高見石など山に登られる方は、足の装備はもちろん、冬山登山の服装と、スノーシュー、アイゼンなどで完全装備でお入りください。

 

2017-04-21 014.JPG

 

白駒の池はまだ完全に氷におおわれています。

2017-04-21 026.JPG

 

R299号線は、除雪が行き届いていますが、まだ降雪があるかもしれません。

天気予報に注意して楽しいレジャーライフにしてください。

峠を越えてきたライダーグループ、麦草ヒュッテにて

 

カテゴリ:


八岳の滝とキセキレイ

2017年4月12日 17:19
2017-04-12 003.JPG

 

雪解け水を激しく落下させる滝口、

ほとばしる水勢に圧倒される。

2017-04-12 004.JPG

 

滝脇では、キセキレイが盛んに縄張りを確保している。

2017-04-12 005.JPG

 

いい巣穴が見つかったようだ。

 

カテゴリ:

/

山の春は遠からじ

2017年4月11日 17:34
DSCN0961.JPG

 

今日は、朝から時ならぬ雪に見舞われ、一面シャーベット状の湿った雪に覆われた。

 

DSCN0960.JPG

 

アカゲラも雪だらけで、普段は食べないヒマワリを無心についばんでいた。

 

カテゴリ:

/

新緑は高原にも

2016年5月 5日 17:11
2016-05-05 027-1.jpg

 

10日ほども早く高原に春が届いた。

八千穂レイク湖畔のヤマザクラが満開に

2016-05-05 026.JPG

 

白樺林も萌えるような芽吹きが始まった。

 

カテゴリ:


時ならぬ春雪

2016年4月29日 15:17
2016-04-29 002.JPG

 

昨日までの暖かさがうそのような今朝、霧のような細雪が降り注いだ。

2016-04-29 001.JPG

 

小さなクモの巣が花が咲いたように

2016-04-29 005.JPG

 

一瞬緑が増してきた地面を白く装ったがたちまち泡のごとく消えてしまった。

 

カテゴリ:


今日の白駒の池

2016年4月24日 17:40
2016.04.24  2024.jpg

 

24日の白駒の池

例年より10日から2週間ほど季節が早く進んでいるようです。

2016.04.24  2019.jpg

 

森の中はほとんど雪がありませんが、道には、踏み固められた雪が氷となっていますから、滑り止めのついた靴が必要です。

 

カテゴリ:


R299号線全線開通しました

2016年4月21日 14:07
20116.04.21  003.jpg

昨年11月20日から冬季閉鎖中であってR299線(メルヘン街道)は、4月21日午前11時全線開通いたしました。

今年は、残雪は少ないのですが、雪が氷状態となっておりますので、白駒の池にお出でになるときは、当分の間滑り止め(アイゼンなど)をご使用ください。

カテゴリ:


春はそこまでやってきた

2016年4月19日 19:20
2016.04.19  004.jpg

 

標高900メートル付近の里は春爛漫

さくら、レンギョウ満開、間もなく花モモの紅白の花に街道は彩られる。

2016-04-19 002.JPG

 

芽吹きは、1200メートル付近まで上がってきた。

カラマツの芽吹きがうっすらと

2016.04.19  001.jpg

 

北八の山々は、まだ雪を残して冬景色

 

カテゴリ:


トウゴクミツバツツジが咲きだした

2015年5月14日 21:36
010.JPG

 

例年より1週間ほど早いトウゴクミツバツツジの開花新緑につつまれた白樺林の中に薄紫の可憐な花がいとおしく見える

020.JPG

 

ズミの赤いつば実が真っ白に咲くのももう少しだ

 

カテゴリ:

/

駒出池も新緑に染まっています

2015年5月 7日 21:31
2015-05-07 001.JPG

 

例年より7日も早く池の端を新緑に染め初夏のすがすがしさを演出する駒出池

    2015-05-07 003.JPGのサムネール画像

 

湖畔のトウゴクミツバツツジも枝先を赤紫のつぼみで出番を待っている

2015-05-07 006.JPG

 

足元にはオレンジ色のクサボケがおのれの春を主張するように輝いていた

 

カテゴリ:


今年の新緑は10日ほども早い

2015年4月29日 20:53
2015-04-29 017.JPG

 

まだ4月の末だというのに早くもカラマツの芽吹きが始まった。

一昨日は最高気温26℃と真夏のような暑さ。

ここは、標高1700M

芽吹き始めたカラマツ越しに残雪の横岳がまぶしい。

2015-04-27 022.JPG

 

足元にはヒトリシズカがひっそりと咲いていた。

 

カテゴリ:


今日の白駒の池

2015年4月25日 10:04
2015-04-23 017.JPG

 

23日冬季閉鎖が解除された日の白駒の池。

早朝に湖畔は人の姿は全く見えず、静寂のなか小鳥たちのさえずりのみが辺りに響く陶酔のひとときを過ごす。

 

2015-04-23 012.JPG

 

毎年この時期に写す定点からは、池の氷はなにやら前年よりやわらかそうだ。

案の定、雪道ではブスッと足をとられ登山にはスノーシューや和感をつけたほうが懸命だ。

2015-04-23 008.JPG

 

国道の駐車場からの入り口から、すぐに柔らかい雪道が続く。

 

カテゴリ:


またまた春雪に蔽われた

2015年4月13日 16:25
2015-04-13 003.JPG

 

9日に続いてまたまた降雪に見舞われた。

4月に入って太陽の顔を見られたのは何時間位であったろうか。来る日も来る日も霧と雨と雪の日の連続で、草や木々は芽を出しかね、揚がってきたウグイスやルリビタキは笹陰でひっそり声も立てず。

 

2015-04-09 002-1.jpg

木々は、真冬のに戻った如く枝いっぱいに、白い花を咲かせ霧の中にたたずんでいる。

 

 

カテゴリ:

/

高原も春模様

2015年3月18日 09:08
2015-03-17 018-1.jpg

 

今年の春は早い。

3月に入ってから暖かい日が続き今日はついに最高気温が10℃を越えてしまった。

何時までもこんな暖かい日が続くとも思わないが、雪がなくなるのではないかと心配だ。

2015-03-17 025.JPG

 

晴れ上がった青空の下暖かい春風に乗ってノスリのペアがゆったりと畑の上空を旋回しつつ餌を探している。

2015-03-17 012.JPG

 

長湖(松原高原)の氷りも融けだしのんびりくつろぐ水鳥たち

 

カテゴリ:

/

八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2017年

ページの先頭へ戻る