2018年8月

高原に秋がやって来た

2018年8月29日 21:02
DSCN2867.JPG

 

キノコの季節の先遣隊

高原のキノコの王者

ハナイグチが例年通り続々と顔を出し始めた。

_MG_9479.JPG

 

高原の秋の象徴

マツムシソウ

シカの好物なので、数が少なくなってのが寂しい。

DSCN2862.JPG

 

ワレモコウもひっそりと高原を彩っている。

 

カテゴリ:


今日の日の出

2018年8月27日 16:53
DSCN2855.JPG

 

くっきりと晴れた天空に地平線には薄雲がかかり壮大な景色を見せている。

IMG_9458.JPG

 

北東の空は、山々を隠し荒波のごとく雲海がたぎりまだ定まらない不安定な気象を思わせている。

今日の天気を予測しているようだ。

 

カテゴリ:


八月の十五夜

2018年8月26日 16:22
DSCN2845.JPG

 

今夜は満月

不安定な日々が続いているこの夏ですが、満月の十五夜を迎え、夕暮れとともにくっきりと大きな月が登ってきた。

DSCN2840.JPG

 

げれんでのすすきの花を従えて秋の空に煌々と照らす。

 

 

カテゴリ:


今日の白駒池

2018年8月22日 07:50
DSCN2824.JPG

 

ふもとの極暑にもかかわらず標高2200メートルのここ白駒の池では早くもうっすらと紅葉がはじまっていた。

_MG_9438.JPG

 

水辺では、オニヤンマの最後の求愛がはじまっている。

DSCN2822.JPG

 

苔の上では、キノコたちがひょっこりと顔を出し始めた。

今年の紅葉は早めのようだ。

 

カテゴリ:


高原は秋色近く

2018年8月21日 17:25
DSCN2816.JPG

 

あれ程暑かった日々から一転、17日の朝は最低気温5度と急に下がり秋本番を思わせる日々が続いています。

 

DSCN2813.JPG 緑濃かった木々は早くも紅葉がはじまり、空をなびく雲も秋を思わせています。
DSCN2779.JPG

 

マルバダケブキ

DSCN2781.JPG

 

ツリガネニンジン

 

カテゴリ:


高原は一気に秋の気配

2018年8月17日 21:15
DSCN2796.JPG

 

テレビでは、北海道の黒岳で初冠雪ご有ったと報じていたが、この山荘でも、昨日までの異常な気温がうそのような今朝の気温は最低10.2度を記録、一気に初秋の気配だ。

 

DSCN2803.JPG

 

庭にはアキノキリンソウやツリガネニンジンが所を得たように咲きだしている。

 

 

カテゴリ:


山の昆虫たち

2018年8月13日 18:16
DSCN2763 (2).JPG

 

年々少なくなる山の昆虫たち、以前は、乱舞していたアサギマダラなどの蝶はほとんど姿を消し、窓一面に張り付いていた蛾も、今はほんの数匹が見られるくらいに減ってしまった。

DSCN2767 (2).JPG

 

そんな中、久しぶりに窓辺に寄ってきたコクワガタとシラフヒゲナガカミキリ、何かホッとさせてくれた一日でした。

DSCN2770.JPG  

 

カテゴリ:


木陰にヒナの群れが

2018年8月11日 16:01
_MG_9407.JPG

 

アカハラやコサメビタキ、コガラなどの群れがうっそうと茂った木から木へと親の保護のもと虫を追つて現れるようになってきた。

_MG_9410 (2).JPG

 

アカハラ

_MG_9392.JPG

 

コサメビタキ

 

カテゴリ:


幼鳥の勢ぞろい

2018年8月 5日 15:51
_MG_9374.JPG

窓辺のバードレストランにはいろいろな幼鳥たちが集まりだした。

 

ルリビタキの幼鳥

_MG_9383.JPG

 

コサメビタキ

_MG_9378.JPG

 

ヒガラ

_MG_9390.JPG

 

シジュウガラ

DSCN2752.JPG

 

ウソ

 

カテゴリ:


キジバト哀れ

2018年8月 1日 14:43
DSCN2738.JPG

 

枝先で慈しみ合うキジバトのカップル

DSCN2744 (1).JPG

 

翌朝、窓の先には数枚の羽毛が・・・・・

 

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2018年

ページの先頭へ戻る