2018年11月

窓辺のバードレストランにも冬鳥が来るようになりました

2018年11月25日 13:28
_MG_9647.JPG

 

一番乗りはアトリでした。

いつも来るツグミは大きくなってしまったカラマツの梢からなかなか降りてきてはくれません。

「グビッ、グビッ」となくだけです。

_MG_9638.JPG

 

カケスもなかなか近づきません。山の木の実が豊富なため、満足しているのでしょう。

 

カテゴリ:


オープンに向け降雪機始動

2018年11月21日 19:59
DSCN3279.JPG

 

ちっとも寒くならない日々にハラハラする毎日でしたが、ようやく-5℃の今朝、降雪機が勢いよく始動、みるみるうちのゲレンデを真っ白に染めていった。

DSCN3277.JPG

 

このまま冷え込んでくれれば、12月1日のオープンは間違いなしです。

 

カテゴリ:


R299号線(麦草峠越え)は冬季閉鎖になりました

2018年11月16日 19:59
DSCN3270.JPG

 

R299号線は松原湖方面分岐地点から先、麦草峠、茅野方面へは11月15日から来年4月18日まで冬季閉鎖となりました。

DSCN3268.JPG

 

白駒の池付近は静寂な冬の眠りにつきました。

 

カテゴリ:


こんなところにスズメバチの巣が

2018年11月15日 19:46
DSCN3263.JPG

 

落葉したサラサドウダンツツジにひょっこりハチの巣が出てきた。

キイロスズメバチの巣である。

今年の天候を象徴する様に長径20㎝程の小さな巣でした。

DSCN3264.JPG

 

キイロスズメバチは体長20㎜程度のスズメバチの仲間では、小さく比較的おとなしい蜂です。

かまったりしなければ攻撃はしてこないでしょう。

 

カテゴリ:


まだいたルリビタキ

2018年11月13日 20:30

朝、窓辺のバードレストランに突然現れたルリビタキ、今頃までここにいたなんて一瞬目を疑った。慌ててカメラを向けぱちりとシャッターを押したが、たちまち飛び去り、一瞬の出会いであった。

_MG_9619.JPG

カテゴリ:


朝焼け

2018年11月 9日 10:42
DSCN3253.JPG

 

今日の天気を予測するような暗雲を朱く染めて昇る太陽。

DSCN3254.JPG

 

遠く離れた天空の雲まで黄金色に輝かせている。

 

カテゴリ:


今日は立冬

2018年11月 7日 09:44
DSCN3242 (2).JPG

 

立冬の朝気温は5℃と温かかったのですが、日の出とともに急に冷え込んだのか去り行く霧とともにわずかな霧氷が現れた。

DSCN3237.JPG

 

霧氷は我が家の周りだけのようだ。

 

DSCN3248.JPG

 

色付いてきたズミの実も凍りかかったしずくに陽の光が眩しい。

 

カテゴリ:


生き物の明暗

2018年11月 3日 16:17
IMG_9600.JPG

 

冬鳥の第一号、この秋最初にお目見えしたのはカシラダカ。

まだ到着したばかりなのか中々ジッとはしてくれず、ようやく一枚だけレンズに収まってくれた。

  IMG_9598.JPGのサムネール画像

 

こちらは、檻にはまってしまったシカ。

「にっくき農作物荒らし」だが、何だか可哀そう

 

カテゴリ:


霜柱の花が咲いた

2018年11月 1日 17:34
DSCN3202.JPG

 

マイナス4℃を指した今朝、きれいな霜柱があちらこちらにきれいな花を咲かせました。

 

DSCN3205.JPG

小さな水たまりにはにょきにょきと霜柱が林立しています。

このくらいの気温ではまだ霜柱ができますが、間もなく地面はツンドラ状態、凍土と化します。

 

カテゴリ:


八千穂高原の自然

  • 北八ヶ岳の登山
  • 八千穂高原の野鳥
  • 八千穂高原の山野草
  • 八千穂高原見所案内

過去の情報を見る

2018年

ページの先頭へ戻る